2017

05.12

レッドコルディス猛時計で坂路一番タイム!

レッドコルディス、坂路で猛時計を出してきました。

元々、長距離適性の方が高いということもあり、
ウッドで追っていたコルディスですが、ここにきて瞬発力も強化ということで、坂路追いをするようになってきました。

木曜日に初めて一杯に追われましたが、
ここで50秒台の猛時計。

古馬も含めて唯一の50秒台でした。


17.05.11

(高橋忠厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 50.8-37.2-24.7-12.8 一杯
助手「併せる予定だった馬が馬場入りでスムーズさを欠いたので単走に変更して追い切りました。追い切る前はビシッと追えるのはきょうだけなので、しまいたれてもいいからしっかりやろうと考えていました。テンから加減せずいって後半600mを丸々伸ばした形。最後は追うつもりでしたが、ガサガサ、バシバシやらなくても動いていたので促すだけで十分でした。走り終わってからの雰囲気もとても良く、1週前としてやれることはやり切れたと思っています。これだけやったので週末は時計を出す必要はなく、心身のケアをメインとした調整にとどめるつもり。東京までの輸送もあるので、来週の追い切りもCウッドコースで半マイル、単走でと考えています」
高橋忠調教師「しっかり追い切ったことでテンションが高くなってきそうですね。週末から来週にかけての調整メニューはテンションを確認したうえで判断しますが、気が入りすぎないよう坂路入りなどは控え、角馬場で軽めに乗ることも検討しています」


ウッドでの時計もいつも素晴らしいですし、レースでの折り合いや血統、馬体などを見ても、やはり長距離志向のコルディス。
にも関わらず、坂路でこのタイム。

間違いなく能力は素晴らしい馬です。

オークスは6分の1での抽選待ちですが、
府中の2400mは一番力を発揮できる舞台ですので、
何とか出走してもらいたいです。

スポンサーサイト

【3歳】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可