2016

11.18

順調にシクラメンへ。レッドコルディス。

順調、順調。

素人の私が見ても、馬体もデビュー時よりふっくらしてて良い感じ!

調教もうまくいっているようで、2週間後のシクラメンSが楽しみです。


が!

強敵が出てくるようです。


サトノアーサー、アンセムというディープ牡馬の新馬勝ちした良血馬が・・・。


むむう。
これは人気は譲ってしまいそうですが、
相手にとって不足なし!


京都2歳に出た方がよいのではという気もしますが、
ここでもし勝ったりしたら、層の厚い牝馬層の仲間入りができます。


力入れて応援です!


----------------------------------------------------------------------------------

16.11.17 (高橋忠厩舎)

本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 坂路 85.8-69.1-54.2-39.7-12.3 馬なり
外マイブルーヘブン一杯に6Fで2.4秒先行、2F併せで0.1秒先着

助手
「2週間前なので追い切りは軽めに。
おろしがけから力むことはなかったですし、向こう正面では物見をするくらいの余裕もありました。
あんまり早くから併せると2Fびっしりでオーバーペースになってしまうので、意識して後ろと距離をとり直線の途中から併せる形に。
コルディスは踏んだ分だけ加速できるように従順でコントロールがしやすいので思った通りに乗ることができます。
その分、きょうも予定通りで反応を確かめるだけに済ませることができました。
一度使ってから休ませたことで背中もしっかりして体を上手に使えるようになっています。
ここまでは順調です」

高橋忠調教師
「調整は順調できょうも予定通り。
来週は1週前になるのでしっかりやるつもりです。
カイバの食いや体の維持についてはきのう担当しているスタッフと話し合いました。
牝馬は繊細なので環境が変わるとどうしてもカイバの食いが落ちて体重も減ってしまいますよね。
コルディスの場合も同じで、そうなると人間側も意識し始めますが、目先の食欲や体重などを気にし過ぎず、ロングスパンで考えてシンプルにいこうということになりました。
無理に体重を合わせようとしてサプリメントなどに頼っても馬も戸惑いますし、内臓面に負担がかかってしまいます。
それにコルディス自身、自分で体を作っていくタイプかもしませんしね。
もちろんサプリメントなどを使わないといけない場面はこの先出てくると思いますが、まずはシンプルなエサを与えて体の変化などを見極めていってその都度対応策を練っていければと考えています」

----------------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


コルディス、頑張れ~!

スポンサーサイト

【3歳】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可