2016

09.22

レッド娘、期待の2頭。

デビューを待つ東サラの牝馬2頭、レッドコルディスとレッドラペル。

入厩後から厩舎のトーンが上がってきました!

牧場での評判が良くても、厩舎に入るとトーンが下がる・・・というパターンでは、実践でも良い結果にならないのですが、この2頭は逆パターンですので、期待しても良いのではないでしょうか。

コルディスはデビューを10月10日の芝2000mに定めてきました。

・・・この日は牝馬限定の1600mがあるのですが、混合の2000mに出してくるとは・・・。

来春までは牝馬は1600m以下の舞台がほとんどなだけに、高橋師のレース選択がどのようにしていくのかが気になります。
でもまあ、まずは無事にデビューを迎えてくれたらですね。

ラペルはまだデビューは未定。
当所ダート向きとのコメントはありましたが、さて。

しかし、助手の方の、「ウチにいた兄弟よりだいぶいいので期待してもらって大丈夫。」とは頼もしいコメント。
楽しみです。

-------------------------------------------------------------------------------
レッドコルディス
16.09.22  (高橋忠厩舎)
本日はCウッドコースにて併せ馬で追い切りました。
 CW 86.0-70.0-54.4-39.5-12.5 馬なり
外ザモンゴメリー一杯を6F併せで0.1秒先着

助手
「道中は前にいる馬を見ながら。
相手が多少フワフワしていましたが、コルディスはいいリズムといい手応えをキープしながらマイペースで進められました。
4コーナーを回ってペースが上がってからもいきなりトップギアに入ることはなく、こちらのゴーサインを待つほどの余裕がありました。
ラストも一杯の相手に対して馬なりのまま先着。
とてもコントロールがしやすい馬で課題らしい課題は今のところ見当たりません」

高橋忠調教師
「ここまでは順調にきています。
内向している左前については意識して進めていて今のところは問題ありません。
先週今週とすでに2本追い切っていて動きも徐々に良化。
この感じなら体をなんとか維持しつつ10月10日の京都芝2000m戦あたりを目標にしていけそうです。
鞍上はこれから調整します」



レッドラペル
16.09.22 (石坂厩舎)
本日は坂路1本のあと、ゲート練習を行いました。
 坂路 72.2-53.2-35.0-17.4 馬なり

助手
「きょうも坂路からゲート練習へ。
消音ゲートからダク、キャンターの流れで2本出しましたが素直で本当に乗りやすいです。
明日も同じような内容の練習をして来週から本格的にスタート練習を始めることになりそうです。
ちょっと速く歩かせようとするとすぐにダクになってしまいますが、まだしっかり歩ける筋力がないだけ。
これから鍛えていけば問題ないでしょう。
ウチにいた兄弟よりだいぶいいので期待してもらって大丈夫。
馬体重は462キロでした」

-------------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


あれ、ラペルの上って石坂厩舎時代みんな未勝利。。。(汗)



スポンサーサイト

東京サラブレッドクラブ全般
トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可