2015

08.02

誰か何とかしてー。パーフェクトビューまたも1番人気3着。

どうしても勝てない・・・。

このような勝ち身に遅い馬っているものですが、
自分の出資馬だと本当に何とかしてあげたい、何とかして欲しい気持ちが強くなりますね。

今回もそうですが、過去惜敗した際のタイムもよく、
上でも善戦できることは間違いなさそうなので、何とか未勝利脱出を。


もちろん、厩舎はじめ、スタッフの方々も何とかしたい気持ちは強いのでしょうが・・・。


---------------------------------------------------------------
8/2  函館競馬場

2日の札幌競馬ではまずまずのスタートを切り内の馬たちの動向を見つつ折り合いに専念するように中団からの競馬。
じわっとポジションを上げていき先団に接近して直線勝負をするがジリジリとした伸びで3着。

「なかなか思うような競馬ができなくて申し訳ありません。
イメージは持っているのですが、自分の感覚としてまだ手の内に入りきれていないので悔しい限りです。
今日は外枠に尽きるのですが、それでも何とかしたかったです。スタートをポンッと出るのであの位置から溜める形を取ることになりましたが、前半は力んでしまいました。
3~4コーナーでハミが抜けたのでヨシッと思えたのですが、終いはジリジリとした伸びになりました。
メリハリをつけられれば最後の勢いも違うはずなので、トビが大きくて窮屈になるかもしれないけれど、極論大外よりもまだ内枠の方が好ましいような気はします」
(柴山騎手)

「前走までと異なり輸送競馬になりましたが、調整はスムーズで体も大きく減らすことなく臨むことができたと思います。
テンションは変わらずでしたが馬場入りを先に済ませて落ち着いてレースへ向かうようにしました。
レースは、歯がゆい競馬になってしまい申し訳ありません。
力みながらもなんとかなだめて走らせてくれているし、馬も頑張っているのですけどね…。
ここまで来たら何とかしなければいけませんし、レース後の状態を慎重に見極めてどうしていくか判断します」
(木村師)

毎回惜しい競馬が続いている馬ですし、今回こそはと気持ちを込めて臨むのですが、なかなか恵まれない現状です。
今回も大外枠があたるという苦しいシチュエーションでの競馬になりました。
この試練を乗り越えてこそという気持ちを持って今後もこの逆境を乗り越えていけるように気持ち切らさずに臨んでいければと思っています。
今後については3戦した後でもありますから、しっかりと状態を見極めてから予定を決めていきます。

---------------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)

放牧出さずに札幌でのもう一走に賭けるのか、
放牧して最後のスーパー未勝利に賭けるのか。

権利がありますし、
元気なら再度札幌でお願いしたいところです!


スポンサーサイト

【引退】パーフェクトビュー
トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可