2015

07.21

まとめて更新情報掲載です。

高橋忠義厩舎は、
厩舎での情報で写真や近況も見られるので楽しいです。

今年の募集馬の中にもいますでしょうか。

かなり期待の一頭、エクスプロードです。


-----------------------------------------------------------

7/21 NFしがらき
周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。「先週の火曜日にこちらへ到着後、マシンで軽く動かして馬体に問題がないことを確認してから乗り出しています。
骨りゅうについては、だいぶ治まってきていますし、ちょっと集中力を欠くような面はありますが、ここまではまずまず順調に進めることができていますよ。
この調子でしっかりと乗り込みを重ねていきたいと思います」
(NFしがらき担当者)


7/15 NFしがらき
14日にNFしがらきへ放牧に出ました。
「ゲート試験合格後、骨りゅうこそ出ている状態ではあるものの、元気があって体調自体は良さそうでした。
ただ、素質を秘めてそうな馬ではあるのですが、普段のキャンターを見ていてもまだ体を持て余しており、前脚だけでちょこちょこ走っていてトモがついてきていないような感じです。
馬体の成長、そして体力的なことを考えても、この暑い夏の時期に焦って進めてしまうより、一度牧場でしっかりと下地を造ってもらったほうが良いだろうと思い、昨日放牧に出させていただきました。
向こうでの状態を確認しながら今後のプランを考えていきたいと思います」
(高橋忠師)


7/11 高橋忠厩舎
10日にゲート試験を受け、無事合格しました。
「心配していたゲートへの寄り付きも問題ありませんでしたし、まだ大型馬で体全体を使うことができておらず、発馬はドタドタという感じではあったものの、無事に合格することができました。
この後については、体もまだまだ緩いですし、右前脚には骨りゅうが出ている状況ですので、この週末の様子を見てからになりますが、いったん放牧に出すこと含めて考えていきたいと思います」
(高橋忠師)


7/9 高橋忠厩舎
8日、9日はゲート練習中心の調教を行いました。
「この中間もゲート練習を中心とした調教を行っています。
昨日、坂路で普通キャンターを乗った後にゲート練習をした時は、まだ体力的にしんどいせいか、少しゲート入りでゴネるようなところがありましたが、今朝はそういった面も少しマシになってきていました。
駐立と発馬は特に問題ないので、今後のゲートへの寄り付きの状況を見つつ、大丈夫だと判断できたタイミングで試験に臨んでいく予定です。
トレセンに来て少し時間が経ってきたので、環境の変化についてはだいぶ慣れてきていますよ。
大型馬でまだ体をうまく使うことができていませんが、なかなか良い素質を秘めていそうな馬ですね」
(高橋忠師)


7/1 高橋忠厩舎
1日はゲート練習中心の調教を行いました。
「先週末に無事入厩し、順調に乗り出しています。
週明けから本格的にゲート練習を開始しましたが、今のところはおとなしくこなしてくれていますし、乗っている人間を困らせるようなこともありません。
ただ、NFしがらきにも数日しか滞在しておらず、まだ環境の変化に順応していないせいか、汗の掻き方などちょっと変だなと思うところはあります。
トレセンに慣れるまでは慎重に進めていってあげたいですね」
(高橋忠師)

-----------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)


秋デビューを期待!

スポンサーサイト

【引退】エクスプロード
トラックバック(-)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可