2015

10.15

来週へ向け万全!レッドラウダ号。

おー。
相変わらず坂路の動きは素晴らしいです。

坂路でタイムが出る馬は、短距離ダートの適正が高いとよく言われますが、
その通りでしたら勝ち負けになるはず。


--------------------------------------------------------------------

15.10.15 (音無厩舎)

坂路にて併せ馬で追い切り
 坂 助手 54.1-40.0-26.0-12.9 馬なり
内マズイマズイウマイ一杯に1.4秒先着

音無調教師
「今日は馬場が重く全体的に時計がかかっていて、終い15秒台の馬がいる中12秒台でまとまとめたのですからやはり能力がありますね。
今日の動きならダートもこなせそうですし、来週が楽しみですね」


15.10.14 (音無厩舎)

坂路1本→ゲート練習
 坂 松若 62.7-47.1-31.8-15.9 馬なり

助手
「この中間も順調に調整しています。
今朝は坂路を軽めに上がった後、ゲートへ連れて行きました。
通した後駐立させましたが、大人しく問題はありませんでした。
来週は発馬練習をしてみるつもりです。
明日は追い切りを消化する予定となっています」

--------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


・・・もし、ダート適性がなかったら(あると思いますが)、芝短距離に戻るのかな?


スポンサーサイト

【4歳】レッドラウダ
トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP