2015

09.30

一旦放牧へ。エクスプロード号です。

本当でしたら、今週の3日のデビュー予定でしたが・・・。


心房細動を発症咲いたエクスプロード号、
一旦放牧となりました。


でも、高橋厩舎のブログを見てみると、可能なら年内デビューを目指すとのこと。
心房細動も、治ってしまえば再発もあまりなく、競争能力には影響がないとのことですので、
ここはグッと堪え、良い状態でのデビューが出来ることを期待しましょう。

-------------------------------------------------------------------------------
10/1  NFしがらき
1日にNFしがらきへ放牧に出ました。


9/30  高橋忠厩舎
入院馬房で治療を行っています。
「先週、3日続けて投薬と除細動などの専門的な治療を行ったのですが、心電図の波形に大きな変化がなく、週末から週明けにかけて安静にし、今朝再度治療を行いました。
3回ほど投薬をして治療を行った結果、3回目の治療の後、急に波形が良くなってくれました。
その後30分ほど心電図を確認しましたが、そのまま悪くなることはなく、獣医からもこれで大丈夫だろうという診断をいただきました。
心臓にも負担をかける治療だったのですが、馬はよく耐えてくれましたし、本当に頭が下がる思いです。
さすがに少し筋肉も落ちていますし、体力も奪われているでしょうから、退院後はその後の体調を見て一度放牧に出させていただきます」
(高橋忠師)
-------------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


頑張れ~!


スポンサーサイト

【引退】エクスプロード
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2015

09.29

いざ!地方へ。パーフェクトビュー。

さあ、地方へ。

コメントでは、早めに戻せることを目指しているみたいですね。

ダートが未知数ではありますが、
芝での勝ち味に遅かった分、案外行けるのでは(と思いたい)ないでしょうか。


戻ってきさえすれば、芝の上のクラスでも好勝負できるはず!
頑張れ~


-------------------------------------------------------------------------------------

9/29 NF天栄
トレッドミル調整か周回コースで軽めのキャンター調整を行っています。
「まずはレース後の疲れを取ってから少しずつ動かすようにしていて、今週から乗り出し始めました。
まだスタートしたところですが、進め出したらそこまで時間はかからないタイプではあるので、まずは年内に出走、そして条件をクリアできるようなタイミングで地方競馬場へ送り出すことができればと思っています」
(天栄担当者)


9/23 NF天栄
トレッドミル調整を行っています。
「先週こちらに帰ってきています。
美浦トレセンである程度体調を回復させてもらってからの放牧でしたので、こちらに来てからさらにガクッとコンディションがさがることはありませんでしたが、それでも体調面への配慮はしなければいけません。
それなのでいきなり乗り出すのではなくてマシンやトレッドミルを使っての運動から始めています。
トレッドミルに入れてもまだダク程度ですし、様子を見ながらキャンターや乗り出しへと移行していきたいと思っています」
(天栄担当者)


9/16 NF天栄
16日にNF天栄へ放牧に出ました。
「ご心配をおかけして申し訳ありませんでした。
当初は先週のうちに天栄へ放牧に出すつもりでいたのですが、さらに疲れが出てきてしまったんです。
ソエの炎症は少し前からありましたけれど、その後は熱が上がり、脚がムクミ、白血球の数値が上昇するなど、これまでの疲れが色々な形で現れるようになってきました。
その状態ですぐに動かすのは馬にも負担がかかると考えて、こちらでしっかり治療を施して落ち着くのを待っていました。
その結果、ようやく落ち着いてきて移動も可能な状態にまで回復してくれています。1週間お時間をいただくことになりましたが、まずまずの健康状態を取り戻したうえで送り出すことができました。
回復するまでに時間を要した分、立ち上げには時間がかかってしまうかもしれませんが、何とか地方でも頑張ってきてくれたらと思っています。
結果を出すことができなくて本当に申し訳ございません」
(木村師)

-------------------------------------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)


さて、地方はどこに所属するのでしょうか。
次回当たり分かるかな?

【引退】パーフェクトビュー
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2015

09.28

急遽ミホ分場へ!レッドイグニス。

急遽移動のニュースがありビックリ。


まだまだ時間がかかる、と思われていたレッドイグニス号ですが、
他の何頭かと一緒にミホ分場に移動となりました。


・・・でも、そういえばどこかの情報で、
移動を匂わすコメントも見た気がするんですよね。。。
見学者のブログかなんかだったかな。


何はともあれ、嬉しいです。
なにせ、治療できない左肩のボーンシストが発覚した時には、
このまま競走馬になれずに引退も・・・という危機もあったので。


ゲートだけなのか、そのまま入厩するのか、(単に馬房を空けたいだけだったのか)
わかりませんが、かなり前進!しました。
良いことです。


------------------------------------------------------------------------

15.09.28 (社台ファーム→ミホ分場)

本日、ミホ分場へ向けて出発しました。
この中間もしっかり乗り込むことができました。
今のところ体調面の不安もなく、期待を持って送り出せたと思います。
まずはミホ分場で馬体チェックを行い、その後のプランを検討していきます。

------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


ちなみに。


「すぐ入厩になるかは移動後の状態次第ですが、こちらからは良い状態で送り出せたと思います。」
「まだ精神的な脆さが残るため、移動後の精神状態が鍵となりますが、馬自体はだいぶしっかりしてだいぶ良化が感じられます」

という、同時にミホ分場に移動の他の馬にくらべ、


「今のところ体調面の不安もなく、期待を持って送り出せたと思います」


という、イグニスのコメントは、
やっぱり期待しても良いんじゃないかな、なんて思っています。


とにかく、応援しがいのある馬です。
頑張れ!


【4歳】レッドイグニス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2015

09.27

出資馬紹介。ブリトマルティスの14です。

今日、メイショウサムソン産駒のエックスマス号がデビュー。
評判馬ロライマと叩き合っての僅差2着でした。


性別が牝になり、父はサムソンから新種牡馬のタートルボウルになっています。


ブリトマルティス20150918


母のブリトマルティスはスペシャルウィーク産駒。
自身は中央で4勝、芝1800の1600万下特別を勝っています。


上には先程のエックスマス、それと新馬で圧勝したクローソー(父ハービンジャー)がいます。
この馬は母が10歳の時の仔。

厩舎は西園厩舎で、スピードが豊かそうな血統で、この厩舎はあっているのではないでしょうか。


父タートルボウルはノーザンダンサー系で、マイルG1を勝った馬。


傾向は全くわかりませんが、
サムソンやハービンジャーよりはスピードタイプかなと思っています。


出資理由は、東京サラブレッドクラブの中では少ないノーザンファーム産で、育成もノーザン。
母親の年齢も良く、前述の通り仔もまずまず走っているかな、と。


そして何より一口3万円とリーズナブルという、現実的な理由。


でも、東サラはこのような価格帯の牝馬から活躍馬出ていますしね。
期待は結構しているのです。


頑張って欲しいです。


【3歳】レッドラトナ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2015

09.26

出資馬紹介。フェルミオンの14です。

なかなかキレイな栗毛の馬体ですね~。

今年の出資馬の一頭、フェルミオンの14です。

父はクロフネ、母はアグネスタキオン産駒で、8歳の時の仔です。一口3.5万也。

兄に中央2勝のストレンジクォーク(父メイショウサムソン)、未デビューのアップクォーク(父ベーカバド)がいます。

近親には、タイキフォーチュンやタイキダイヤなど。
短めの距離でのスピードのある血統です。


フェルミオン20150918


出資の決め手は、母親の年齢が若くてちょうど良さそう、牝馬のクロフネ産駒、あとやっぱり手頃なお値段で一般申し込みでも出資できそうだという現実的なところ。


満口抽選続出のキャロットにおいて、確実に出資できそうかな、と思ったからでした。


結局、1.5次では満口になりましたので、
先行時に申し込んでおいて良かったです。


厩舎は美浦の大和田成厩舎。
成績自体は上位でも、その次ぐらいでもなく、
最高でも今年の50位(9月25日時点)ですが、牝馬ではアンズチャンやミナレットなどの活躍馬を出しています。

まったく根拠はないのですが、
なんとなくこの馬と合いそうな気がするんですよね~。


頑張ってほしいです。



【3歳】チャームクォーク
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2015

09.25

なんだかんだでオルバース。

シルクの募集やキャロットの1.5次など、
一歳馬の話題ばかりではありますが・・・。


なんだかんだで、個人的に一番気になっているのは、
3歳馬オルバース号の復帰なのです。


早く戻ってこないかな。


-----------------------------------------------------------------------------

15.09.25 (社台ファーム)

引き続き直線ダート主体にしっかり負荷をかけることができています。
良い感じの行きっぷりが戻っていますし、馬の覇気もあります。
まだ蟻洞のケアは続けていますが、爪も伸びてきて不安も解消されつつあります。
声が掛かればいつでもどうぞという状態になってきましたので、後は先生の判断になるかと思います。
それまでしっかり体をケアして状態向上に努めていきます。


15.09.18 (社台ファーム)

マシン運動120分、常歩4000m、ダク1200m、キャンター1200m、直線走路1000m。馬体重500キロ。
この中間も直線ダートで常時F16~15秒で乗り、週3回は3F42~40秒の強めも消化。
前肢の硬さはありますが、もともとそういう面もあるのでそう心配していません。
今はどちらかといえば蟻洞のケアに時間を割いていますね。
それでもこれだけやれているわけですから経過は良好ですし、こちらも大きな心配はないと見ています。
国枝先生はそろそろ連れていきたい意向があるようですが、うちとしても蟻洞さえケアできれば、体調面や調教の動きなどから動かせる態勢が整ってきたと思います。

-----------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


国枝先生、「いつでもどうぞ」だそうですよ~。


明日でも入れちゃいましょう。(^^)/


【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2015

09.24

公式に来た!

レッドアヴァンセ、公式に移動のニュース来ました!


・・・シルバーウィークの渋滞とか、大丈夫なのかな?


--------------------------------------------------------------------

15.09.24

(ノーザンファーム空港→ノーザンファームしがらき)

23日(水)に北海道を出発。
ノーザンファーム天栄経由で、ノーザンファームしがらきへ移動となります。
到着後の状態や検疫の状況等によって変更の可能性はありますが、順調なら10月1日(木)にトレセンへの入厩が予定されています。

--------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


さあ、期待(出資馬で一番高額)のレッドアヴァンセ(ディープインパクト×エリモピクシー)が始動です。

すぐにトレセンまで行くようで、
ゲートもありますが、10月1日入厩であれば、11月の京都デビューも十分ありそうですね。

ホント、楽しみです。


【4歳】レッドアヴァンセ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2015

09.23

心房細動。大丈夫かな。

水曜日は入厩馬の更新で楽しみにしているのですが・・・。


このようなニュースも出てきてしまいますね。


10月3日のデビューを目指していたエクスプロード号が、心房細動とのこと。
ちょっと心配です。


-----------------------------------------------------------------------------------

9/23  高橋忠厩舎

舎飼で様子を見ています。

「先週末の調教後、獣医の馬体チェックの際に聴診器を当ててもらったのですが、どうも心臓の音が良くないということで、改めて診療所で状態を見てもらいました。
その結果、ややきつめの心房細動という診断でした。
レースに向けて負荷を強めてきたところで思った以上に負担がかかってしまったのでしょうか…。
ただ、きちんと治れば競走能力に影響はない疾病ですし、明日から診療所で除細動など専門的な治療を行う予定です」
(高橋忠師)

-----------------------------------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)


デビュー予定は白紙でしょうか。
無理はせず、万全な状態で無事デビューができることを願っています。



【引退】エクスプロード
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2015

09.22

出資馬紹介。データの14です。

火曜日は更新情報も少ないな~。


と、いうわけで昨日に引き続き2014年産駒の出資馬紹介です。


この馬。
データの14です。


データ20150918


父ハーツクライの牡馬、です。
矢作厩舎で3月19日生まれ。母親年齢11歳の時の仔です。

母親はアルゼンチンからの輸入牝馬。
兄弟には3勝を上げたアーカイブ、1勝のみですが勝ち上がっているトーセンジャスティス、ミッキーデータがいます。

二つ上のアンティキティラは未勝利引退、ひとつ上のマールデルプラタはG1レーシングで募集でまだデビュー前です。

キャロット唯一のハーツクライの牡馬だったにも関わらず、
リーディング上位の矢作厩舎所属にも関わらず、
なんとまだ残口が有ります。
(1.5次募集前で残り108口)

もう一頭の矢作厩舎のハーツクライ産駒、リリサイドの14、こちらは牝馬ですが、
一番人気になるぐらい申し込みが殺到、✕1最優先での抽選になっています。
(報知ブログでの矢作先生のコメントが大きかったのかとは思いますが・・・)

データの14は、期待よりも実績で産駒があまり走っていないことなどがイマイチな評価なのでしょうか。

こんな時は、人気のない方が走る!

と、勝手に思い込んでいます。


出資の理由は、ただ単にハーツクライの牡馬、という点。
そして矢作厩舎なら文句なし、という決め手。


生まれた日もちょうど良いですし、
発表時点で478kg、測尺も良いのではと思っています。(管囲22.0cmっていうのが太すぎるのかな?)


来年のクラシックの時期に、
「データの14、満口にならなかったよな~」
なんて、話題が上がるぐらいの活躍を期待しています!



【3歳】オプティマイズ
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2015

09.21

出資馬紹介。デライトポイントの14。


気分はすっかり1歳馬!


と、いうことで、今年出資が決まった6頭を紹介したいと思います。


まずは、募集があると知り、
一番出資したかったこの馬!


デライトポイントの14です。

デライトポイント20150918

父ハーツクライ、東京サラブレッドクラブで4200万(一口10.5万)で募集された牡馬です。


全姉にオツウ、母の全兄にトウカイポイントはいますが、
兄弟や母親が重賞で勝ったわけではない割には、ちょっとお高いかも・・・。


とも思いますが、この馬はなんといっても出資しなければならない理由があったのです。


そう、母父トウカイテイオー。
今も昔も私のヒーローです。


この馬に出資し、育成からデビュー、そしてレースで応援できるということが嬉しいのです。
牧場での様子(すでに吉澤に移動していますが)や、デビュー前のコメントや写真などを追いかけられるのが、
一口馬主の醍醐味(私の場合)ですからね。


極端な話、全く勝てなくてもOK!
気持ち入れて応援することができることに出資したようなもんです。


そうはいっても厩舎は須貝厩舎。
ハーツクライならお手のもの。


ジャスタウェイを筆頭に、ベルラップやこの馬の姉のオツウ、先日札幌2歳を勝ったアドマイヤエイカンなど、
ハーツクライの活躍馬を出している厩舎ですからね。
やっぱり期待はしちゃいます


4月5日生まれで少し遅目なのと、やっぱりハーツクライですので多少ゆっくり目の始動になるかと思います。
順調に育って欲しいです。


頑張れ~。

【3歳】レッドクライム
トラックバック(-)  コメント(2) 

 |TOPBack