2014

12.22

馬体解説。エリモピクシーの13。


現役2頭ですので、特に更新など無い日が多くなります。。。


そんなんで、ネタのない日はクラブのホームページより。


今回はエリモピクシーの13の馬体解説です。


-----------------------------------------------

①顔
 小顔で目と鼻孔の位置が近く利発。
②首
 細く方向性に優れている。
③臀部
 臀部上部の筋肉は牝馬特有の柔軟性に富んだ筋肉が面として集合。


ErimoPixy13_s4.jpg



馬体解説

母は異なる父との配合でも産駒にはマイラー色を濃く伝えてきました。
ここ2年は牝馬なので馬体は丸いイメージからシャープなラインに変化。
父ディープインパクトの長所も多く見られ、小顔で目と鼻孔の位置が近く利発な表情。ぜい肉のない細い首は方向性が良く、首と肩がくっきりと分かれていることからしなりが生まれます。
ひとつ上の全姉と同様に全体の骨は細く軽いので、芝適性が高く、歩きでも脚運びは軽く柔軟性も良好。胴は兄弟同様コンパクトでマイル色を感じさせます。前駆に対して後駆に重量感があるのは母父ダンシングブレーヴの影響で、臀部上部の筋肉は牡馬のように割れず、牝馬特有の柔軟性に富んだ筋肉が集合し、広い面として浮き出ています。

(馬体解説/関西競馬エイト 鈴木由希子)

-----------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブの転載許可をいただいています)


ちなみに私、馬体見ても全くわかりません。。。


上のレッドベルダがまだ未勝利。
牡馬・牝馬で成績がわかれることも多いので、ちょっと心配していますが・・・。


スポンサーサイト

【4歳】レッドアヴァンセ
トラックバック(-)  コメント(2) 

 |TOP