2014

12.20

追い込み届かず2着!パーフェクトビュー。

惜しかった!(+_+)

素晴らしい脚は見せてくれましたが、惜しくも届かず。
パーフェクトビューは2着でした。

ゲートを嫌がったり、終始鞍上が抑えっぱなし。
やっぱり気性面で成長が必要ですね。。。

-----------------------------------------

12/20  木村厩舎

20日の中山競馬ではゆっくりめなスタートから行きたがるのを抑えつつ後方を追走する。
勝負どころでは外を回って直線でもいい伸びを見せたが勝ち馬には届かず2着。

「この馬のお母さんに競馬で跨がったことがあるからわかることなんだけど、やはりこの血統は気持ちの面がポイントなんですよね。
ゲートや二の脚が速いわけではないからそのまま後ろでおとなしくしていればいいんだけど、中途半端に行きたがるんです。
さすがにそこで行かせたらそれだけになってしまうから我慢はさせましたし、そのような精神状態で最後に脚を使っているんだから、やはりいいものはあるんです。
これから競馬でいろいろと経験を重ねていくことは大事だろうけど、まずはしっかりと気持ちのコントロールがつくようになるのが重要ですね」
(横山典騎手)

「デビュー戦の時と同様に気持ちの面がどう出るかがポイントでしたが、競馬場に着いてからや装鞍の様子はこの馬としては悪くないなと思えるほどでした。
ですから競馬の中で落ち着いてしっかりと折り合いをつけられれば良かったのですが、なかなかスムーズに行かず申し訳なく思っています。
難しさはありますが、上位に来る力があるから余計にいい訳できませんし、何とか変えていかなければなりません。
この後はレース後の心身の状態を見ながらどうするか判断させていただければと思います」
(木村師)

道中で鞍上の指示通りにキッチリとコントロールが利いていた訳ではありませんが、それでいて直線では目立った脚を使えているように、上手く噛み合えば十分に勝てる力はあるはずです。
本馬の母馬もそうだったように血統面から来ているところもあるので簡単にとはいかないでしょうが、いいものは持っているからこそしっかりと結果に結びつけたいところです。

-----------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)

続戦して欲しいですが、焦らず焦らず。

未勝利脱出はすぐです!



スポンサーサイト

【引退】パーフェクトビュー
トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOP