2014

12.31

今年を振り返って。

さて大晦日ですね。

あとちょっとで今年も終わりです。

何といっても、今年は一口馬主を始めましたことが一番の出来事です。

今年やろう!
と、決めていたわけではないのですが、なんとなくサイトを見まわっていたらやってみようかな、と。

来年(2013年産駒)から、と思っていたら、
どうやら今年に会員になっていたほうが、次に出資の際にも優先されるとのこと。

そんなこんなで、じゃあ今年の残っている馬からやろう!と思って、
出資したのが東京サラブレッドクラブのレッドオルバースとキャロットクラブのパーフェクトビュー。

両馬とも来年に活躍が期待できそうです。


一口始めてみた感想は、本当に楽しい!ということ。

もっと早くやればよかった・・・。(^_^;)


POGは仲間でやっていましたが、やっぱり思い入れは全然違いますね。


そのうち口取りや牧場見学もやってみたいと思っています。



レッドオルバース号
0332.jpg

パーフェクトビュー号
パーフェクトビュー09


2013年産駒は東サラで5頭、キャロットで2頭出資。

楽しみが広がります。(^^)


スポンサーサイト

★一口馬主全般
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2014

12.30

近況更新!ルンバロッカの13。

近況動画でも「癒し系」とのこと。

まだまだひ弱なイメージですが、そこはハーツクライ産駒。

成長力に期待しています。ルンバロッカの13です。

------------------------------------
14.12.26 (社台ファーム)

中旬頃から左前肢歩様に疲労感が出てきたので、マシン運動60分のみで楽をさせています。

焦る時期でもありませんし、まずはきっちり疲労を取ってからの再始動になりますね。
動きや馬体は良いものを持っていますし、兄弟同様に走る資質の高い馬だと思いますので、しっかり立て直していきます。

馬体重436キロ。


org_kinkyo_RumbaLoca13_5.jpg

------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


馬体重、もうちょっと増えて欲しいところです。
また、疲労感が出ているとのことで少し心配ですが、まあまだまだこの時期。

そりゃあ色々ありますよね。(^_^;)

デビューまで半年~一年あります。
無理せずゆっくり進めて欲しいですね。


【4歳】レッドイグニス
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2014

12.29

近況更新!ビジュアルショックの13。

一番最後(今のところ)出資を決めたビジュアルショックの13。

月末の近況更新です。

この馬に出資した理由は、角居厩舎でディープ牝馬。
これだけです。。。
(馬体分からないですし)


今は満口になりましたが、最初の募集ではまだ申し込めたので、
つい駆け込む感じで申し込んでしまったのです。。。


------------------------------------------------

14.12.26 (社台ファーム)

直線ダート走路で常時ハロン18~17秒のメニューを消化しています。
馬体重は432キロと先月から変わっていませんが、ボディバランスは明らかに良化しています。

バランスが良くなってきたことで、四肢の動きが正確かつ加速が軽やか。
好調そのものですので、この調子で鍛錬していきます。


org_kinkyo_VisualShock13_4.jpg


------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)



一発大物という意味では、この馬に期待しています。(^^)
頑張れ~。


【4歳】レッドカルディア
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2014

12.28

コメート、ホープフルS2着!リベンジ目指せ、レッドオルバース。

今日は有馬記念の直前に、ホープフルSが行われました。

GⅡで、1着賞金も6500万と将来はGⅠになろうかという大きなレース、
出走馬もダノンメジャー、ティルナノーグ、ソールインパクトなど、クラシック候補馬が出ていました。

そんな中、勝ったのはシャイニングレイ。完勝でした。
これで2戦2勝。
一躍クラシックの最有力候補となりました。

そして、2着にコメート。

そう、愛馬レッドオルバースが2着になったきんもくせい特別を勝った馬でした。

オルバースを見てきた方なら伝わると思いますが、
きんもくせい特別は、直線で行き場がなくなる不利が無ければ、おそらくオルバースが勝っていただろうというレース。

このレースでダメージも受け、今現在休養しています。
(腱に異常がないのは何よりでしたが・・・)


もちろん、単純比較はナンセンスなのですが、
このレースを見て、オルバースもきっと2歳上位陣といい勝負をしてくれそうだと思ったのでした。


賞金を稼いだコメートは、これでクラシックへの出走権を手に。

クラシックには間に合わないかもしれませんが、
古馬になってからでも、コメートとの再戦、そしてリベンジを期待しています。(^^)




【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

12.27

エリモピクシーの13。近況更新!

順調、順調。

もう少し体重は増えて欲しいですが、4月24日の遅生まれ。
乗り込み始めても落ちていませんし、まずまず良いのではないでしょうか。

明日、全姉が3戦目を迎えます。
この血統、牝馬でも大丈夫なところを見せて欲しいですね。


-----------------------------------------------
14.12.26

(ノーザンファーム空港)
今月を通してもフラットワークは継続しながら、週3回坂路にも入れて調整しています。
週2回は900mを1本ですが、週1回は2本乗る日も設けています。ペースはハロン17秒。
問題なくスムーズに動けています。

ペースを上げてからも馬体は減らずに422キロ。
小柄ではありますが、その分俊敏な動きを見せています。

エリモピクシーの13_20141226


-----------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)

相変わらず小顔でべっぴんさんではないでしょうか。(^^)

頑張れ~。




【4歳】レッドアヴァンセ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

12.26

ゆっくりです。レッドオルバース。

金曜日の更新来ました!

まだまだゆっくりです。

個人的にはクラシックは目指さなくてもまったく問題ないので、
焦らずにじっくり万全で、進めて欲しいと思っています。

寒い時期はゆっくりと。


--------------------------------------
2014.12.26 (ミホ分場)

マシン60分、ダク1600m。馬体重514キロ。

担当スタッフ
「今はダクだけですが、歩様もしっかりしていて脚元の方も問題ありません。
乗り始めてから徐々にうるさいところも治まり、落ち着きも出て来ました。
この後もケアしながらゆっくり進めて行きます」


0105.jpg
(写真は新馬のときのものです)

--------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転送許可をいただいています)


・・・とはいっても、やっぱり待ち遠しいですね~(^_^;)


【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

12.25

馬体解説。ヘヴンリーソングの13。

馬体解説紹介3頭目!

短距離担当候補、ヘヴンリーソングの13(byダイワメジャー)です!


-------------------------------------------------
①四肢
 四肢は短めでスピード色が濃い。
②前腕骨
 前腕骨上部前面の筋肉が発達。
③臀部
 半腱半膜様筋、大腿二頭筋のラインがくっきり分かれる。
④下腿骨
 下腿骨前面は長趾伸筋が前方へ発達。


HeavenlySong13_s5.jpg



馬体解説

胴が短く、全体に曲線部分が多い丸い体型。四肢も短めで、両親のスピード色が前面に出たマッスルボディーです。

前腕骨上部は極太で、その前面は上腕筋、橈側手根伸筋が大きく膨らんでいます。
顔の表情にも緩みがなく、普段から前脚を強く回転させて、集団の先頭に立って走り回っていることが伺えます。

臀部も半腱半膜様筋、大腿二頭筋のラインがくっきり浮き、下腿骨の前面は豊富な長趾伸筋が前方へ出ているのは、この時期の2歳馬にはない貴重なポイント。

兄姉は父によって多彩なタイプに出ていますが、本馬は繋の角度は芝向き。
現段階でも前後駆の筋肉量に偏りがないので、歩きでは後脚の運びには遅れがなく、近代競馬向きのスピードが魅力です。

(馬体解説/関西競馬エイト 鈴木由希子)

-------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


一口50,000とお得な印象。

ダイワメジャーで音無厩舎です。
早めに満口になりました。

やはり馬体は全くわかりませんが(^_^;)、どうやらマッスルとのこと。
うん、確かに私でもそんな感じはする・・・。

牡馬はルンバロッカの13が中距離担当、こちらが短距離担当で頑張ってもらいたいと思っています。(^^)


【4歳】レッドラウダ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

12.24

パーフェクトビュー、放牧へ。

パーフェクトビュー、放牧に出るようです。


-------------------------------------------

12/24  木村厩舎

24日は軽めの調整を行いました。

「先週は悪くない走りをしているのですが結果を出せなくて申し訳ありません。
ジョッキーもよく考えながら乗ってくれているのですが、返し馬から今日はもしかすると良くないかもなと言う予感はあったんです。
というのも、この馬、まだ左手前で走るのがそこまで上手ではないのですが、返し馬は左手前からスタートしたものですから馬のリズムもひと息になってジョッキーも構えてしまったのでしょう。

それなのでレースでもスタートから出していくことはできずにじっくり進めた節はあったのだと思います。
それでも直線は来ていますから能力が高いのは間違いありません。

本来ならスッと勝たせてこのあとにつなげていかなければいけないのですが、現状課題がないわけではないので、中身を充実させて質を上げていきながら結果も出していければと思っています。

レース後の状態次第で続戦するかどうかを判断するつもりでいたのですが、レース後は左前脚、右トモに疲れを見せている状態です。

また、それだけでなく体が萎んでしまって寂しく見えてしまうんです。使うことはできたとしてもワンランク上の走り、結果を求めるのは難しくなってしまうかもしれません。

天栄のスタッフにも見てもらいましたし、クラブとも相談したのですが、このまま無理をすると走るのも走らなくなってしまいそうなので先を見据えて立て直しをさせてください。

あのような競馬をした後なので本来ならばそのまま折り返して勝ちに行くというのが皆さんの抱かれているイメージだと思いますが、レース後のリアクションを見てもまだしっかりしていないということが表れている状態なのでご理解いただけると幸いです。
申し訳ありません」

(木村師)

-------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)

とても長く丁寧なコメントですね。

テンションが上がる傾向にありますので、
放牧は良いかな、と思っていました。

中山よりは東京の方が向いているような気がしますしね。

東京開催での復帰に期待して見守りましょう!(^^)



・・・長期ほったらかしにはなりませんように・・・。




【引退】パーフェクトビュー
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2014

12.23

馬体解説。ルンバロッカの13。

本日も1歳馬の内容で。

ルンバロッカの13です。

牧場見学に行かれた方のコメントを見つけましたが、
ちょっと前脚に疲れが出ているということで、ペースを落としているようです。

体重もあまり増えてきていませんので、ちょっと心配です。。。

--------------------------------------
①顔
 父似の細面の顔立ち。
②肩甲骨
 肩甲骨の角度は中長距離向き。
③皮膚
 サンデー系らしい薄さで伸縮力を完備。
④繋
 父似のクッション性の高い芝向きの長い繋。

RumbaLoca13_s5.jpg

馬体解説

ハーツクライ産駒の特徴である、芝適性の高い長い繋が遺伝。
幼少期は柔らかすぎてトモが緩い感じの歩きになりますが、体幹が強化されると疲れにくい長所を発揮します。

肩甲骨の角度は中長距離向きで、胴も伸びやか。全体にスタミナが豊富なタイプです。
細面の顔は父系で皮膚の質感もサンデー系ならではの薄さがあり、伸縮力を完備。
父の産駒は前脚を開き気味に出す馬が多いのですが、本馬にその傾向はありません。

後駆を形成する骨は長く、現状トモ高に見せますが、父は股関節が柔らかく、本馬も筋力がついて後脚の引きつけが速くなると総合力が大幅にアップします。
父の産駒はバイオリズムが安定するのがやや遅い傾向にありますが、欧州の重厚な母系のサポートで体重が安定すれば、成長は早くなります。

(馬体解説/関西競馬エイト 鈴木由希子)

--------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


やっぱり馬体は分かりません。

でも、イケメンです。。。

この馬にはホント期待。
大物というよりは堅実派でOPを目指してもらいたいのです。

頑張れ~。



【4歳】レッドイグニス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

12.22

馬体解説。エリモピクシーの13。


現役2頭ですので、特に更新など無い日が多くなります。。。


そんなんで、ネタのない日はクラブのホームページより。


今回はエリモピクシーの13の馬体解説です。


-----------------------------------------------

①顔
 小顔で目と鼻孔の位置が近く利発。
②首
 細く方向性に優れている。
③臀部
 臀部上部の筋肉は牝馬特有の柔軟性に富んだ筋肉が面として集合。


ErimoPixy13_s4.jpg



馬体解説

母は異なる父との配合でも産駒にはマイラー色を濃く伝えてきました。
ここ2年は牝馬なので馬体は丸いイメージからシャープなラインに変化。
父ディープインパクトの長所も多く見られ、小顔で目と鼻孔の位置が近く利発な表情。ぜい肉のない細い首は方向性が良く、首と肩がくっきりと分かれていることからしなりが生まれます。
ひとつ上の全姉と同様に全体の骨は細く軽いので、芝適性が高く、歩きでも脚運びは軽く柔軟性も良好。胴は兄弟同様コンパクトでマイル色を感じさせます。前駆に対して後駆に重量感があるのは母父ダンシングブレーヴの影響で、臀部上部の筋肉は牡馬のように割れず、牝馬特有の柔軟性に富んだ筋肉が集合し、広い面として浮き出ています。

(馬体解説/関西競馬エイト 鈴木由希子)

-----------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブの転載許可をいただいています)


ちなみに私、馬体見ても全くわかりません。。。


上のレッドベルダがまだ未勝利。
牡馬・牝馬で成績がわかれることも多いので、ちょっと心配していますが・・・。


【4歳】レッドアヴァンセ
トラックバック(-)  コメント(2) 

 |TOPBack