2014

10.31

パーフェクトビュー、3~4番人気ぐらい?

本日は月末ということで、1歳馬の更新がたくさんありました!


いまのところ、全馬順調そうです。
数日後には馬体重も発表されますので、
特に小さめのエリモピクシーの13がどれくらい増えているかも気になります。。。

もう一頭、小さめのプリンセスカメリアの13は402kg。
もう少し増えておくれ~。


さて、いよいよ明日は一口馬主始めてから2頭目のデビュー!

パーフェクトビュー号が出走します。

多分、圧倒的1番人気にダイワミランダ。

3~4番手ぐらいの人気になりそうではあります。
思ったよりも評価高めですので、ちょっと期待しちゃっていますよ~。



スポンサーサイト

【引退】パーフェクトビュー
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2014

10.30

パーフェクトビュー、写真が来たよ。

今週土曜日の東京マイルでデビュー!

パーフェクトビュー号です。


東サラの時と同じように、
デビューの案内が送られてきました。
キャロットは写真入り。


パーフェクトビュー出走


相手は同じハービンジャー産駒のダイワミランダでしょうか。
母親はダイワスカーレット。強力ですね。

パーフェクトビュー号、調教の様子から、まずまずの人気にはなりそうですが、
正直勝ち負けは厳しいかな、、、と。


でも、応援です!
仕事の関係で府中にはいけませんが、TV観戦にて応援しています!



【引退】パーフェクトビュー
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

10.29

さあきんもくせい。3番人気ぐらい?

レッドオルバース、メンバー手薄でチャンスか!?


・・・と思っていたのですが、
事前の競馬誌の情報では、どうやら3番人気ぐらいになりそうです。

コメートやマイネルリードの方が印が重く。


まあ、そんなのは良いのです。
最終追いきりも感じよさそうです。

きっとやってくれるでしょう!

----------------------------------------

14.10.29 (国枝厩舎)

角馬場で運動後、坂路で追い切り。

10/29(水) 坂路
内レッドオルバース 54.6-40.1-26.9-13.9 馬なり
中レレマーマ 55.6-41.2-27.8-14.7 一杯
外レトロクラシック 55.4-41.0-27.5-14.2 馬なり

攻め厩務員「今日は角馬場で運動してから、坂路にて3頭併せの3番手で追い切りました。
坂路の馬場状態は先週より悪くなっていましたが、この馬にはあまり関係なかったようで、今日もグイグイと手応え良く進んで行きました。
前の2頭も併せてから楽に走っているのですが、オルバースの手応えが良すぎたのもあり、最後の併入は少し離してのゴールでした。出せばまだまだ出るくらいの勢いでしたし、稽古後も何事もなかったかのように落ち着いています。
状態は今が一番良さそうですね」

国枝調教師
「前走後から無理をせずに進めて来ましたし、稽古での動きも良化していますね。
今回はまだ2戦目ですし昇級緒戦なので、この馬の形でレースができればと思っています」

--------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)

このメンバーで勝てないようではどっちにしても重賞は厳しいのです。

頑張れよ~。



【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(4) 

    2014

10.28

ヘヴンリーソングの13。シミュレーション。

自分の中で、ちょっと地味目ですがやっぱり期待しているのがこの馬。

ヘヴンリーソングの13(byダイワメジャー)です。

マイル前後で牡馬の活躍馬が多い音無厩舎。
ばっちりじゃあないでしょうか。

昨日のルンバロッカの13に引き続き、東京サラブレッドクラブのホームページより、
シミュレーションのページから転載します。


-------------------------------------------

数々の名馬、一流馬を手掛けてきた栗東の名トレーナー・音無秀孝調教師ですが、入厩予定となっている牡馬、ヘヴンリーソング13の馬体は、これまでにあまり見たことのない、極めて個性の強いものだったそうです。

「体高は高くないし、脚も長くはないのですが、馬体重があり、非常に骨格がしっかりとした若駒でした。
お父さんのダイワメジャーに似た雰囲気ではなく、どちらかといえば、母系が強く出ているのかもしれません。

僕自身は、あまり馬体の好き嫌いというのはないのですが、正直、スッキリした好馬体の持ち主というのではありません。ただし、こういう骨量のある馬体が好きというホースマンも、案外と多いのではないでしょうか」

ヘヴンリーソング13の半兄には、芝マイル戦で争われる仏G2ダニエルウィルデンシュタイン賞2回など、重賞を計4勝しているスピリトデルヴェントのほか、1000万下須本特別など、中央、地方で計6勝をマークしているズンダモチ(父スマドゥン)がいます。

音無調教師も、ズンダモチに対する印象が強く残っているそうです。

「530、540キロ台で走っていたダートのスピード馬で、個性的な馬だなと思っていました。
ヘヴンリーソング13は、父は違いますが、お兄さんのズンダモチと似たタイプなのかなと感じました」

ヘヴンリーソング13の適性やデビュー時期については、今後の育成牧場での調教過程を丹念に見ながら判断していくことになりますが、音無調教師は、この個性的な若駒に対しての想いを、こんな言葉で語ってくれました。

「お兄さんのズンダモチのように、ダートの短いところでパワフルなスピードを活かすのがいいかなというのはあるのですが、先ほども言ったように、あまり見たことのない馬体を持つ1歳馬ですし、固定観念に捉われずやっていこうと考えています。
ヘヴンリーソング13が、これからどんな風に成長していくのか、楽しみにしている部分も大きいですね」

インタビュー・文:関口隆哉


-------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


ダートでも良いので、ぜひ息の長い活躍を!

頑張ってね~。



【4歳】レッドラウダ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

10.27

ルンバロッカの13。シミュレーション。

レッドルバース、きんもくせい特別のギャロップの印だと3番目ぐらい・・・?

一番人気になるかと思っていたのでちょっと意外。
でもまあ、好勝負はしてくれると思っているので、期待しておきます!


さて、出資した1歳馬の情報を上げていきます!


まずはルンバロッカの13。
現在の東京サラブレッドクラブの募集馬のページで、各馬ごとに「シミュレーション」というものがあります。

その中の調教師コメントです。


------------------------------------

3勝をあげたロッカヴェラーノ、いずれも中央競馬で勝ち鞍を記録している現役馬のクロスカップリング、アウトオブシャドウ、ロッカバラードらを兄に持つルンバロッカ13は、父が2013年クラシック戦線において、ダービー馬ワンアンドオンリー、オークス馬ヌーヴォレコルトを送り出し大旋風を巻き起こしたハーツクライということも手伝い、極めて血統的注目度が高い若駒となっています。

ルンバロッカ13の入厩予定先となっている鹿戸雄一調教師も、この馬の血統には、大きな期待を寄せています。

「ロッカヴェラーノ、クロスカップリング、そして全兄となるアウトオブシャドウといった兄たちがしっかりと走っている点は、非常に頼もしいですよね。もちろん、ルンバロッカ13には、兄たちをさらに超えるような大活躍を願っています」

「血統面だけではなく、馬体面でも高い素質を感じさせる馬」と、鹿戸調教師が続けます。

「好馬体を誇っていますし、見る度に良くなっている印象も受けています。
気性も落ち着いた若駒ですし、調教も順調に積んでいけそうです。
当然、クラシック路線に乗せたい馬ですし、デビュー時期は2歳秋、距離は芝1800mあたりからというイメージを持っています」

「ハーツクライ産駒でクラシックを」という想いを、鹿戸調教師は強く抱いているそうです。

「ハーツクライ産駒のレッドセシリア(阪神JF3着)のときは、クラシックに出走することが出来なくて、非常に悔しい思いをしました。
同じ父を持つルンバロッカ13では、2歳G1戦、そしてクラシックレースと、大きな勲章となるビッグタイトルを貪欲に狙っていきたいと考えています」

インタビュー・文:関口隆哉


------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブから転載許可をいただいています)


まあ、募集馬ですので良い印象の言葉しか出てきませんが、
やっぱり嬉しくなっちゃうものですね。

ルンバロッカの13は、兄弟それぞれ「そこそこ」というイメージがピッタリな成績。

安定はしているので、そのまま息の長い活躍を期待しています。

頑張れ~。



【4歳】レッドイグニス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

10.26

レッドオルバース&パーフェクトビュー。

菊花賞は驚きましたね。

前日オッズで一番人気だったことから、
ヒシミラクルおじさんのような、ジャッカルおじさんがいたとかいないとか・・・(^_^;)

ダービーの前日デビューで10着の馬が菊花賞を凄絶レコードで勝ってしまうなんて。。。

さて、いよいよ今週!

パーフェクトビューのデビュー戦とレッドオルバースの2戦目が同時にやってきます。
2頭しかいない2歳馬が、同週に出るとはまた奇遇です。

でも、仕事なので見られません・・・

レッドオルバースの方は登録が10頭。
メンバー的には1番人気になってもおかしくない感じ。

ローカルの裏開催を狙ってきただけに、こうなったら何とか勝ってもらって、
朝日杯か東スポ杯で表街道に殴りこみをかけてもらいたいものです!

今週は予想が気になって、競馬新聞買っちゃいそうです。

まあ、いいよね。

★一口馬主全般
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2014

10.25

悩み中。東サラの追加出資候補。

ただいま悩んでおります。。。


もうこれで打ち止め!
と決めていた2013年産駒の出資馬ですが、
ここにきて、この馬いいなあと思い始めていて・・・


この馬。

安田隆行厩舎  父New Approach  母マンドゥラ 牝  誕生日2013.04.07 ノーザンファーム産

マンドゥラの13_01

マンドゥラの13_02


厩舎良し!
誕生日良し!
血統文句なし!(欧州ではね)


全く気にかけていなかったのですが、
よくよく見てみると、ニューアプローチの産駒ではないですか!

なんで見過ごしていたのか。。。

当初の募集時の測尺では、
体重388
体高149.5
胸囲170.5
管囲18.9
と、敬遠される要素がありました。

また、ニューアプローチはガリレオ産駒。
日本の馬場適正の話が必ず出てきますね。

ただ、ニューアプローチはシンコウフォレストの弟ですし、
この馬のいとこにはワールドエース。

案外いけるんじゃあないか、と思っています。

あと、やっぱりもしかしたら母馬となって募集があるかも、という期待。
サンデー系ならほとんどOKです。
(購入したのもおそらくそこが目的かと・・・)


うーん、悩んでいると書きましたが、こんな感じですので多分出資しちゃうでしょう。


まだ様子見できるので、
タイミングを見て、ですね。





★東京サラブレッドクラブ
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2014

10.24

無事に空港へ!エリモピクシーの13。

なかなか移動しないので、大丈夫かな~。


と、思っていたエリモピクシーの13(byディープインパクト)ですが、
10月23日にノーザンファームYearlingからノーザンファーム空港に移動になったようです!

-----------------------------------------------

4.10.22
1歳馬移動情報

エリモピクシー13が10月23日(木)にノーザンファーム空港に移動予定となりました。
Yearlingにて見学依頼をされていた方はご注意ください。
空港牧場での見学ご希望の場合は改めてご連絡をお願いいたします。


-----------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブから転載許可をいただいています)


この馬には期待していますよ~!

来週の京都で一つ上の全姉、レッドベルダ号がデビューします。
安田厩舎。

こちらがどれくらい走るのかも興味深々。

なにせ、初の牝馬なんですよね。
エリモピクシー。

頑張れ~。

【4歳】レッドアヴァンセ
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2014

10.23

読みづらい・・・?パーフェクトビュー近況。

昨日、キャロットの2歳馬、パーフェクトビュー号の更新でした!


11月1日デビューの予定です!
当日は講師の仕事があるので、せっかくの府中デビューですが応援に行けず・・・。


それはさておき、
ホームページの近況ですが、ちょっと読みづらい・・・。

画像データで貼り付けてみます。


パーフェクトビュー近況



(記事・画像はキャロットクラブより転載許可をいただいています)


うーん、ここら辺り、サイトの問題なのか、関係者のコメントの問題なのか、
改行がなくて見づらいだけではなく、文章もちょっと・・・。


なんとなくなんですが、出資馬の活躍も含めて、私には東サラの方が合うんですよね・・・。


【引退】パーフェクトビュー
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2014

10.22

本物だと思う!レッドオルバース。

毎週ドキドキ水曜日。

入厩馬の近況更新が来ました!
レッドオルバース号です。

---------------------------------------------

14.10.22 (国枝厩舎)

角馬場運動後、Aコースを1周、その後、坂路で追い切り。

10/19(日) W 54.3-38.5-13.0 馬なり

10/22(水)
坂路
オルバース 53.9-39.0-25.6-12.9 馬なり
ウラレナ   53.4-38.8-25.4-12.9 一杯

攻め厩務員
「今日は角馬場で運動してから、Aコースを軽めに1周乗って、最後に坂路で追い切りました。
オルバースが引っ張る形でしたが、馬場が悪いにも関わらず、最初から最後まで抑えきれない手応えで走っていましたね。
併せた馬が一杯になっていましたが、この馬は堪える事なく走っていました。
手応えがグイグイあった割に我慢して欲しいところでも融通が利いていたところは良かったです。
あとは普段馬房にいる時は大丈夫なのですが、前走後から乗ると気が入り過ぎる面を見せているので、リラックスして普段の運動に取り組める様にしてあげたいですね」

国枝調教師
「時計の掛かる坂路で今日の様に楽に動けていたので、状態面は良いと思います。
まだ緩さがありますが、2歳馬と考えたら動きもしっかりしているので心配はしていませんよ。
週末、来週と追い切れば良い形でレースに送り出せそうです」

---------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブの転載許可をいただいています)


良いんじゃないんでしょうか!!!

調教の様子が文面から伝わってきます。
(まあ、贔屓目でみてますが)

新馬戦でも折り合いもついていましたしね。

来週のきんもくせいが楽しみです。


【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(2) 

 |TOPBack