2017

04.30

ホーストピックスに登場!レッドオルバース。

レッドオルバースが公式HPのホーストピックスに登場してました!

とても嬉しいので記念上げ、です。

次走は久々の特別戦。
前走のメンバーに快勝した力を発揮すれば、
一つ上でも十分勝負になるはずです。

秋にはぜひ重賞に出てきてほしいです!



レッドオルバース、ダートで連勝を飾る!

初ダートで鮮やかな快勝を決めた前走に続き、
昇級戦でも人気馬をおさえる堂々とした競馬で連勝!
これでダートに変わって2戦2勝と覚醒した姿を見せています。

もともと芝の新馬を鮮やかに勝ち上がった馬で、
能力の高さは折り紙つきでしたが、
いつからか勝ち運に見放される格好となりました。

その打開策のひとつとして挑んだのが3月の中京ダート戦。
そこで予想以上に強い勝ち方を披露して久々の勝利に酔いしれたのも束の間、
今度は舞台を中央場所に移し、現級でも能力上位の馬たちを相手に
自ら展開を支配して押し切ったのですから、これは単に勢いだけではなく
元から備わった資質の高さをダートをきっかけとして開花させているようです。

母や兄弟の走りを見ても、決してダートが格段に得意とも思えぬ
血統構成ですが、オルバース自身の好調の波とダートが
うまくマッチングして今の充実期を迎えるに至ったようです。
芝で僅差の勝負を演じた馬の中には既にOP重賞で活躍する馬の名も見え、
相手関係によるところもあるのかもしれませんが、
何にせよこれでダートは2戦2勝。
試金石ともいえる次走が早くも楽しみです。

奥手だった母アグネスラズベリが6歳にして重賞を制したように、
オルバースにもその軌跡を辿るような今後の活躍に期待しています。
引き続き、レッドオルバース号へのご声援、よろしくお願いいたします



頑張れ~!
スポンサーサイト

【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

04.26

オルバース2連勝!

最近ブログの更新が滞ってしまっております・・・。

ちょっと仕事でいっぱいいっぱいになってしまっていますが、
できるだけ更新できるように努めていきます。

で!

最近も色々なことがありました!

レッドレグナント号が東サラの入厩一番乗りを果たしたり、
ベストヴォヤージュ号がキャロット一番乗りではないものの入厩したり。

あと残念な話題では、確勝と思われていたイグニスが骨折してしまったり(涙)。


そして、先週末はなんと6頭の大量出走。

一番人気で未勝利脱出できなかった馬も2頭ほどいましたが(汗)、
レッドアマビリスとレッドオルバースが勝利!

なかなか強い勝ち方でした。
色々な記事を見てもタイムも内容も優秀との評価。

オープン入りも夢ではなさそうですので、
このまま突き進んでほしいです。

個人的には、芝でも十分オープンでできるはずとは思っています。


17.04.23

4月23日(日)レース後コメント(1着)
内田騎手「前回はうまく砂を被らずに行けましたが、今日は内枠だったのでどうしようかと思っていました。将来を考えて抑えようかとも思ったのですが、馬もやる気になっていましたし、内でごちゃつくよりはと思い出していきました。道中は全くスムーズで手応えもあったのですが、前の馬がばてるのが早くて、先頭に立ったらふわっとしていましたね。まずいと思ったのですが、二着の馬が視界に入ったらまた気持ちを入れ直してハミを取ってくれたので押しきることができました。そんな感じなのでまだ余裕もありそうでしたよ。やはり現状はダートが良さそうですが、砂を被ったり後ろからになったときどうかというのはあるので、そのあたりを見極めつつ使っていけたらいいと思います。スムーズな競馬なら上でも全然やれると思いますよ。ありがとうございました」



絶不調の今年の出資馬たちですが、
ここにきて持ち返してきたようです。

みんな頑張れ~。

【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

03.27

長かったー!オルバース2勝目です。

いやー、長かった。

新馬戦以来の2勝目でした。

初めてのダート戦でしたが、いままでの決め手不足がうそのような快勝でした。

先行から早め抜け出しの、力のある勝ち方を見せてくれましたので、
上のクラスでも楽しみです。


----------------------------------------------------------------

17.03.26

3月26日レース後コメント(1着)

内田騎手
「ダートはどうか分からなかったですが、結果的に全く問題なかったですね。
ゲートをポンと出てくれたのも良かったですし、外枠で砂を被らなかったのでスムーズに競馬ができました。
今までの競馬を見るとビュッとは切れない可能性があるので、早いのは承知でコーナーから仕掛けていきました。
あれだけ早めにいっても最後まで脚も鈍らなかったので距離も大丈夫ですね。
まだパンとする余地がありそうですし、もう一段階上にいけると思います。
いい時に乗せていただいて、ありがとうございました」

----------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


内田騎手、ありがとうー!


【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(4) 

    2017

01.11

コラムに登場!レッドオルバース。

東サラの馬の中でも、そんなに活躍している訳でもないオルバース君ですが、なぜか公式のコラムに出てきました。

なんだかんだでもう14戦。
今年5歳。

そういえば、当時はダノンプラチナにも劣らない馬がいるって、国枝調教師もコメントしていました。

これからの逆襲に期待です!。

記念上げ。


-----------------------------------------------------------------------------

オルバースの逆説

無数の星々は昼間の太陽のように世界を輝かせねばならないが
夜空が暗いのはなぜ?19世紀初頭の物理学者天文学者であった
ハインリヒ・ヴィルヘルム・オルバースが抱いた疑問でした。
世にオルバースの逆説と伝えられる天文学的哲学的命題です。

レッドオルバースの蹄跡をたどると同じ疑問が湧いてきます。
なぜこの馬が有り余る才能を勝利で輝かせられないのか?と。
新馬勝ちの後ここまで13戦、2着5回、3着3回と唯一の例外を
除けば、常に勝ち負けの競馬を繰り返し掲示板に載りました。
戦ってきたのは、いずれ劣らぬ強豪揃いでオルバースの秘めた
確かな素質を感じさせてくれるには十二分過ぎるほどでした。

デビュー戦で32秒8の末脚一閃で鮮やかに勝ち上がった直後に
首差の叩き合いを演じたコメートは次走G2ホープフルS2着で
クラシック路線に乗り、ご存じのようにダービー5着に健闘!
現在は父ブラックタイドの後継として種牡馬入りしています。
そのレースで3着に負かしたノットフォーマルはフェアリーSを
勝ち重賞ウイナーの仲間入りしているのですから、馬の運命は
オルバース博士の逆説以上に、神秘的で分からないものです。

その後も大物との戦いが続きます。次走の勝馬グランシルクは
昨年暮れG2阪神Cで着外ながら差のない競馬で重賞級を証明!
ミッキージョイも、正月のG3京都金杯に顔を見せていました。
グランには3着、ミッキーには2着でしたが差はわずかでした。
グリュイエールも晴れてオープンの立場で新年を迎えました。
グレーターロンドンは悲運だったレッドステラーノ半弟ですが
5戦4勝と底を見せず今季最大の上がり馬として大注目の存在!

そもそもデビュー戦で斬り捨てたルナプロスペクターからして
既に1000万を卒業、準OPにメドを付け前途洋々なのですから
オルバースは一つキッカケさえ掴めば大化けして不思議なし!
国枝先生もオルバースの才能を信じるからこそ強敵であるのを
承知の上でジッと素質開花の時を待ち続けてきたのでしょう。
ほぼマイル専用で使われてきたオルバースが今回は1400mに!
夜空を煌々と照らす!心機一転のキッカケなら嬉しいですが。

-----------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)

今回は1400m。

いままでのが何だったんだぐらい、サクッと買っちゃいましょう。



【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2016

12.04

残念3着。レッドオルバース。

あー、もったいない。。。

スタートして少しあと、挟まれるようになって立ち上がり気味後ろまで行ってしまってました。

その後、外を回って怒涛の追い込みを見せるも3着まで。

開幕週の前残り展開で、唯一上がり33秒台で迫ってきましたが、
4角で後方3番手では何とも・・・。

相手関係も含めて、勝てるレースだったので本当に残念です。


-------------------------------------------------------------------------------------
16.12.03

12月3日レース後コメント(3着)

デムーロ騎手
「スタート自体は悪くありませんでした。
ただ、1コーナーで左右から挟まれて行き場がなく、危なかったので下げましたが落馬するかと思ったほど。
そこからは内も開かないと思ったので外々を回す形に。
開幕週で前残りの馬場だったなかで、最後まで良い脚が使えていただけに、とても残念なレースになってしまいました。
勝ち負けできた馬だけに今日はもったいなかったですね」

-------------------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


次、次!

無事ならぜひ続戦でおねがいします!

【5歳】レッドオルバース
トラックバック(-)  コメント(2) 

 |TOPBack