2016

09.24

ヴィオレッタ号、引退です。

今週は出資馬の出走はありません。

ただ、牧場や外厩にいる馬たちが続々と戻り始めているので、これからが楽しみです。

さて、先週の出走で勝てず、中央での未勝利戦で出走の機会がなくなったヴィオレッタ号、正式に引退が決まりました。

アルフレードの全妹、キャロット出資2年目で出資したヴィオレッタ号ですが、残念ながら勝てずに終わってしまいました。
全く通用しなかったわけでもなく、伸びてくる場面もあり、慣れてくれば一勝はできるかも・・・と思っていたのですが、とにかく使えませんでした。
最後はダートで惨敗。

繁殖行きにもならずにすぐにオークションへ。
113万円で落札されていました。

-----------------------------------------------------------------------------------
9/18  引退
「芝を狙ってきて出走間隔が足りずダート戦へ矛先を向けましたが、雨により湿った馬場になったこと、そして揉まれることを心配していたので大外枠に入ったことは悪くなく、まずまずの条件が揃ったのではないかと思っていたんです。
スタートが悪くなければ前目の位置から運べたらなと思っていたのでレース運び自体も不満のないものになったのですが、進みっぷりを見ていると厳しかったですね…。
最初は前向きさを出して懸命に走っていましたが、地をしっかりと捉えられなくて空回りしているような走りで、そうこうしている間にスタミナを消耗してしまい早々と苦しくなってしまいました。
芝に拘ってきたのはやはり走りの軽さが身上と思っていたもので、今回は芝を使えず距離の不安もあった中でしたから腹を括ってダート戦へチャレンジしたのですが、いい結果を残すことができず悔しいです。
帰厩時から疲れやすい右トモの球節部の状態の変化を慎重に見極めながら接してきましたが、ここまで大きく変わることはありませんでした。
ただ、今回のレースの直後はほんの少しだけ熱っぽいかなと思えたので確認したところ骨膜が張っている状態でした。
歩様は乱れていないのですが、レース中に痛い思いをさせなくて済んだのは不幸中の幸いでした。
タイプは違いましたがアルフレードの妹でしたし、一生懸命に走る姿を見るたびにチャンスがある馬と思って期待を持って接してきたのですが、申し訳ありません」(手塚師)

小柄で成長を促すようにじっくりと育成されてきました。
その中で所々弱さを出すこともあり、より慎重に調整されて入厩してきたのは今年の2月でした。
満を持して臨んだ初陣は既走馬相手でもあり苦しかったですが、その後の内容は決して悪くはなく、いつかチャンスが回ってくるのではないかと期待をもたせてくれる走りを見せていました。
しかし、時間が足りなかったのかもしれません。
ダートにチャレンジした今回の内容やレース後の状態面を考慮し、手塚貴久調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。
会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
-----------------------------------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)

厳しい世界ですね。

キャロットの出資馬未勝利は続く・・・。

スポンサーサイト

【引退】ヴィオレッタ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

09.18

ダートレースで惨敗。ヴィオレッタ号です。

おそらくこれで引退かな、と。

はっきりまだ出ませんでしたが、芝の未勝利もなく、地方でもこのダートでの惨敗を見ると厳しそうです。

芝のレースで見どころがあるときもあったので、残念。

血統の良さで繁殖になれれば良いのですが・・・。


---------------------------------------------------------------------------------

9/17  手塚厩舎

17日の中山競馬ではまずまずのスタートから前々を追走するも、追走で余裕がなくなって位置を下げてしまい15着。

「ゲートの出は悪くなかったですし、内の馬の動きを見ながら位置を取りに行きました。理想は3番手に付けたかったのですが、それでも先団グループで運べたのでそこでリズムを整えたいと考えていました。
序盤は我慢していたものの、正直、ダートがプラスには出なかったようで思ったように進んで行けず、そうこうしているうちに体力を消耗してしまいました。
まだ湿り気のある馬場だったので何とかこなして欲しかったのですが…。
ここは結果が必要だっただけに、力になれず本当に申し訳ありませんでした」
(柴山騎手)

出走間隔が足りず芝の条件は選択できませんでしたし、これまでの競走と変化を付けるためにダート戦へ挑んだものの、結果的にはダートの条件が向かなかったのか良さを発揮できませんでした。
今後についてはレース後の状態と本馬の置かれた状況を照らし合わせ、近日中に方針を固めることになります。

---------------------------------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)

本当に残念でした。


【引退】ヴィオレッタ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

08.12

頑張れヴィオレッタ!

3歳未勝利の瀬戸際です。

調教の感触は悪くなさそうです。
陣営としてはここがラストチャンスのつもりと言っているように、勝負レースとして仕上げてきているようです。

ただ、相手も結構手ごわい馬が揃ってのフルゲート。

石川騎手、お願いします。
どうにかヴィオレッタを勝たせてください。

--------------------------------------------------------------------------------------

8/11  手塚厩舎
14日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1800m)に石川騎手で出走いたします。

8/10  手塚厩舎
10日は美浦坂路で追い切りました(55秒1-40秒4-26秒1-12秒5)。
「これまでは小柄なことを考えてソフトな仕上げにしてきました。
その分、コンパクトな馬体のわりには余裕を持たせることができていましたが、ここがラストチャンスくらいのつもりで今回はしっかりと造ってきました。
時間もかけてきましたし、動かして体もいくらかシャープになっています。
そのためおそらく馬体重は減ると思いますが、意図したものなので当日そうだったとしても気になさらないでください。
先週までに長めから動かして負荷をかけていましたから、当該週は暑さと輸送も考慮してやりすぎないように坂路でサッと動かしました。
同じく今週の競馬を使う馬もいるなかで一緒に駆け上がって、この馬なりに悪くない動きを見せてくれましたよ。
あとは無事に入るかどうかですね。
過去のレースは着順以上に内容が良いので、勝ち負けできるだけの力はあるはずなんです。
何とかその力を発揮し、チャンスをものにしてほしいと思っています」(手塚師)

14日の新潟競馬(3歳未勝利・芝1800m)に石川騎手で出走を予定しています。

--------------------------------------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)


いい勝負はしてくれると思います!

【引退】ヴィオレッタ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

06.23

頑張れヴィオレッタ!

今週の東京1600m未勝利に出走します!

一頭強そうなのがいますが、それ以外はヴィオレッタも含めてドングリの背比べ!

今回はとにかく掲示板は確保して、
次走につなげてほしいところ(あわよくば・・・)です。


3年目にしてキャロットクラブはまだ未勝利。
ヴィオレッタが初勝利をもたらしてくれることを期待しています!


-----------------------------------------------------------------------------------------

6/23  手塚厩舎
26日の東京競馬(3歳未勝利・芝1600m)に石川騎手で出走いたします。

6/22  手塚厩舎
22日は美浦南Wコースで追い切りました(68秒2-52秒9-38秒8-13秒5)。

「先週は直接見ることができなかったのですが、帰ってきてからの様子は問題なく順調そうでしたね。
それで今朝の追い切りをしっかりと行い、出走の態勢を整えられれば理想的と考えていました。
2歳のキュイキュイと併せる形を採ったのですが、ヴィオレッタが終始外を通って、後輩をリードするような格好になりました。
フォローしつつの追い切りでもあったと言っていいのでしょうが、最後までスパッとは来ていないものの、しっかりと体を使って走れていたように悪くなかったと思いますよ。
息も悪くないですし、これならばレースへ向かうことはできるでしょう。
初戦も決して悪くない内容でしたから、まともな競馬ができれば前進は可能だと思うんです。
何とか勝負に持ち込めるまでに来てくれたらと思いますし、今後につながる走りを見せてほしいですね」
(手塚師)

26日の東京競馬(3歳未勝利・芝1600m)に石川騎手で出走を予定しています。

-----------------------------------------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)


頑張れ!


【引退】ヴィオレッタ
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

05.05

心房細動が再発・・・。引退が決まりました。

デビュー直前まで来ましたが・・・。

最初に発症した時と同じように、レースの前の週になって心房細動が見られたそうです。

そして引退が決まりました。


走っている姿が見られなかったのは残念でしたが、
今まで喜んだりがっかりしたり、出資してからこの馬を追いかけられたのも、
それはそれで楽しかったと思います。


・・・でも、やっぱり一度走っているところを見て応援したかったかな。


こんなことがあるのも一口馬主ですね。


----------------------------------------------------------------------------------------
5/5  引退

「帰厩後は態勢が整うまでじっくり時間をかけさせていただいて、毎週追い切り後と日曜の調教後には獣医さんに心音を聞いてもらい状況を把握してきました。
先週の追い切りまでは問題なく調教を積んでこられましたし、ひと追いごとに良化が認められていたのですが、先週末の日曜の調教後、いつもどおり獣医チェックをしてもらったところ、心音に乱れがあるとの報告を受けました。
すぐに診療所に馬を連れて行って機械を用いて検査を行ったところ、心房細動との診断。除細動の処置も行ったのですが、翌日も心拍は正常に戻りませんでした。
水曜日にも除細動は行いましたが、大きな変化は見られません。
先週末の調教も普通キャンター程度でしたし、体もできてきたなというタイミングでの再発ということで、このまま実戦に向かうのは厳しいのではないかという獣医の見解です。
牧場でも時間をかけてケアをしていただきましたし、なんとかレースに出走させたいという気持ちで厩舎スタッフ全員で取り組んできたのですが、このようなことになってしまい、会員の皆様には申し訳ない気持ちでいっぱいです」
(高橋忠師)

デビューへのメドが立ってきたところでしたし、追い切り内容も週を追うごとに良化してきて期待は高まっていたのですが、ここにきて再度の心房細動発症ということになってしまいました。
このままレースに向かった場合、競馬中になんらかの事故が起きないとも限りませんし、人馬の安全を考えますと出走は厳しいと言わざるを得ません。
獣医の見解を元に高橋義忠調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することとなりました。
会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りますようお願い申し上げます。
なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。
----------------------------------------------------------------------------------------
(記事はキャロットクラブより転載許可をいただいています)


お疲れ様でした。


【引退】エクスプロード
トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOPBack