2017

06.20

骨折判明・・・。レッドラペル。

この時期に骨折・・・。

厳しいです。((+_+))



17.06.20

(石坂厩舎)
今朝の乗り運動中、歩様に違和感があったためレントゲン検査をした結果、左前膝に骨折が見つかりました。改めて患部の検査をおこない、全治など詳細を確認いたします。


前走はいままでよりも良くなってきただけに。
このまま引退になってしまうでしょうか。


スポンサーサイト

【引退】レッドラペル
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

05.29

レッドアマビリス号引退。

見事に500万下を勝ち上がり、さあこれからだ!

というところでの骨折発覚。

その後、靭帯の損傷や繋ぎ部分のひびなども見つかり、厳しい状況かと思いましたが・・・。

やはり引退となってしまいました。
これから活躍できると思っていたので本当に残念です。

17.05.24

(引退)
ノーザンファームにて再度の検査をおこないましたが、獣医師の見解では、前回の骨折時とは違い左前種子骨の剥離部分が離れているため、恐らく完全に元の状態に戻るのは難しいだろうとのことでした。また左前繫靭帯の損傷度合いは強く、繋ぎ部分に確認された骨折線とあわせ総合的に判断して、1年半の時間をかけて戦線復帰できるかどうかというものでした。復帰に至るまでの過程で不安を発症する可能性は高く、再骨折という状況も踏まえ関係者間で本馬の今後について協議をおこないました結果、ここで引退とさせていただくことになりました。出資会員の皆様には、追って書面にて詳細をご報告いたします。長い間、レッドアマビリス号にご声援いただき、ありがとうございました。

友道調教師「復帰後も強い競馬で勝利を挙げてくれて、さあこれからというところで再度の故障。力のある馬ですし、まだまだ上を目指してもらいたいと思っていたので、なんとか復帰をという気持ちでいたのですが思っていた以上にダメージが深刻とのことで…。このような形での引退となり、本当に申し訳ない気持ちでいっぱいです。お母さんとして、また強い子を産んでくれることを期待しています」



書面も来てしまいました。

IMG_9610.jpg



勝ち上がった出資馬での引退は初めての経験です。
寂しいものですね。

サンデー系の種牡馬がつけられますので、
仔がもし募集されたらやっぱり出資したいと思っています。

これから母親として頑張ってほしいです。

【引退】レッドアマビリス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

04.26

悪夢のレッドアマビリス。

先週、武騎手を背に見事福島で勝利!


・・・したレッドアマビリスですが、
なんと再び骨折をしてしまいました。(T_T)


余裕のある勝ちっぷりでしたし、
レース後の評価も高く、ここからの飛躍に期待だったのですが、ホント無念です。

前回の骨折では1年の休養でしたが、
また同じくらいかかってしまうのでしょうか。

6歳春までしか走れない、ノーザン産の牝馬ですので、
充実期のこの骨折は痛いです。

が、起きてしまったことは仕方ないので、
なるべく早く元気になって戻ってくれることを願っています。


17.04.26

(友道厩舎→ノーザンファームしがらき)
左前種子骨の剥離骨折が判明し、本日ノーザンファームしがらきへ放牧。
友道調教師「レース後に左前球節に熱感を持っていたので、そのまま福島競馬場でレントゲンを撮りましたが、骨には異常なしとの所見。ただ、昨日、確認のためもう一度レントゲンを撮ったところ、左前種子骨の内側の剥離骨折が見つかりました。去年骨折した場所とは僅かにずれている位置とのこと。以前にも左前繋靭帯部分に炎症を起こしていたので、入念にケアしながら進めていたのですがすみません。全治は6カ月とのことで見舞金もその形で申請します。前回同様に手術ができない箇所のため自然治癒になりますが、移動の許可は出ていますので、今日ノーザンファームしがらきへ移動させました。落ち着いたら北海道に運ぶ流れで考えています。余力を残してこのクラスを突破してくれて良い流れが来ていたのですが、水を差すような形になって申し訳ありません」


【引退】レッドアマビリス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

12.21

アマビリス復活~!

骨折から復活!

しがらきまでの移動の予定が出ました!
牧場での様子はかなり良さそうでしたので、復帰してからのレースも期待できそうです。

ダートで勝ち上がりましたが、芝でも行けそうなんですよね。
(勝った時の岩田騎手のコメントもそうでした)

さあ、これで3歳世代の牝馬3頭、アヴァンセ、カルディア、そしてアマビリスがまとめて年明けにレースに出てきそうです。

楽しみ~。


--------------------------------------------------------------------

16.12.20
(ノーザンファーム早来→ノーザンファームしがらき)

この中間も順調に乗り進めることができていますが、パタパタと移動が決まりましたので、週末からは輸送を考慮して少し余裕を持たせた内容で乗っています。
21日(水)にこちらを出発。
天栄でのワンクッションを挟んで、コンディションに問題がなければ23日(金)にしがらき到着の予定となっています。
ここまでリズム良く進めることができましたからね。
坂路中心のメニュー構成で順調にピッチを上げていくことができていましたので、うまく年内に移動させることができて良かったです。
ある程度こちらで乗り進めてきましたので、しがらきでもスムーズに乗り出せるのではないでしょうか。
長距離の輸送が控えていますので、まずはここを無事に元気にクリアしてくれればというところですね。

--------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


まあ、まずは無事に!
ですね。


【引退】レッドアマビリス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2016

11.13

デビュー戦は14着。レッドラペル。

厳しいデビューとなりました。

締め切り間際に「石坂厩舎の牝馬」「ノーザン育成」「近況コメント良し」という点で判断して追加出資したレッドラペル号ですが、大きく出遅れた後、馬群にもついていけず、大敗してしまいました。

調教タイムからは、もう少し相手になってもよさそうだったのですが・・・。

ショックは大きいです。

この後どうするかの公式コメントは出ていませんが、しばらく放牧かなあ。

--------------------------------------------------------------------------------------
16.11.12
11月12日レース後コメント(14着)

岩田騎手
「まだまだですね。全体的に幼くて体を使い切れていないし、走ろうとする気持ちも物足りませんでした。
ゲートは遅れないよう意識していたのですが、長い時間待たされたことで馬がボケーっとしてしまい、立ち遅れる形に。
道中はずっとステッキを入れてやる気を引き出そうとしましたが、スピードに乗り切れないまま終わってしまいました。
すみません」
--------------------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


入厩直後の助手の方のコメント、
「ウチにいた兄弟よりだいぶいいので期待してもらって大丈夫。」
は何だったのでしょうか。

無念。


【引退】レッドラペル
トラックバック(-)  コメント(4) 

 |TOPBack