FC2ブログ

    2019

01.28

レッドコルディス号、引退です。

やっぱりさみしいです。

応援しているハーツクライ産駒。

新馬も勝ち、とても期待の高かった馬でしたが、
新馬勝ちの後、3戦連続で出走を取り消すなど、
体調面でうまくいきませんでした。

調教はいつも素晴らしかったですが、
競馬に行くと、最後毎回やめてしまうようになってしまって・・・。

いろいろ厩舎も工夫してくれていたようでしたが、
実らず。

最後は帰厩前に肺からの出血があり、
そのまま引退となりました。

成績を考えると致し方ないでしょうか。

どこかで復活、というのを期待していましたが、
かないませんでした。

思い入れの深い一頭でした。

母方はかなりの良血です。

可能性は低そうですが、
もし子どもが募集されたら、
ぜひ出資して応援したいと思っています。

お疲れさまでした。


IMG_8637.jpg
スポンサーサイト

【引退】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2018

10.14

掲示板に載れず6着。レッドコルディス。

3歳春までの輝きをなんとか取り戻してほしいですが、厳しいか・・・。

調教ではいまでも良い時計が出せるので、
何かしらの工夫で変わってもおかしくないのですが。

調教師もまだあきらめてはいないようですので、
なんとか頑張って欲しいです。

頑張れコルディス!

最新の近況情報 (2018.10.13)
鮫島駿騎手
「前回前にいって最後はやめてしまったので、今回は先生と話して後ろからの競馬をしました。道中は極力ストレスをかけないように馬のリズムを第一に進めましたが、前回よりもスムーズに走れていたと思います。脚も使えていましたよ。それほど着差もなかったですし、現状はこういう競馬のほうが合いそうです。以前の走りを見てもこのクラスにいる馬ではないはずですが、今日最後までやめずに頑張れたことが次につながればいいと思います」

高橋忠調教師
「どうも苦しくなるとやめてしまうようになっているので、調教から苦しくないんだよというのを教えながらやっています。それもあって今回は後ろから気分良く走らせて最後だけ頑張らせる形の競馬をしてもらいましたが、最後までやめていなかったですし、徐々に気持ちも戻ってきている感じですね。最後も馬の間でも頑張れていたのは良かったと思います。気持ちの面さえ戻ればまだまだやれるはずなので、引き続き工夫しながらやっていきます」


【引退】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2018

03.11

まさかの惨敗。レッドコルディス。

ああああああああああ。

悪夢のような敗戦でした。
初ダートで一番人気となり、周りからの評判もそこそこよかったのに、
まさかのしんがり負けでした。


最新の近況情報 (2018.03.11) 武豊騎手「返し馬の感じからこんなに走れないとは想像もつきませんでした。砂をかぶせないように前に行こうとしたんですが、促しても進んで行かなかったし、勝負処で捲られたときも反応がありませんでした。気持ちの問題なのか、初ダートが影響したのか、敗因はちょっと分かりませんが、今日の結果やこれまでのレースぶりを見ても芝の方がいいのかもしれません」

高橋忠調教師「落ち着いてレースに臨めましたし、ゲートも上手に出てくれたんですが、そこからが不可解でした。すみませんでした。今日はまったく走っていないので、今のところ次走に向けて在厩のまま調整するつもり。中1週で中京に芝の限定戦がが組まれているので、そのあたりで考えていきましょう。体は増えて立派になりましたが、まだトモの張りなどを見ても良化する余地は十分あるので、1度叩いた効果が出るのを期待したいと思います」



気持ち的なことは、結構簡単ではないと思います。

でも、立て直せることを期待するしかありません。

頑張れ~。(T_T)

【引退】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

10.21

とても悔しい、レッドコルディスは9着。

本日、うちの主力が3頭同時出走でした。

結果、コルディスは2番人気9着。オルバースは4番人気4着。ラウダは1番人気2着でした。

一番悔しかったのは、一番下位条件のコルディスの9着。
好走しているときのように、押して番手には付けずに、
出たなりで3~4番手。

直線もあまり反応良くなく、最後には挟まれる不利もあり、
藤岡康太騎手は、手綱を引き、コルディスは立ち上がり、そのまま9着惨敗。

原因を作ったお兄さんの佑介騎手は8日間の騎乗停止になりました。


最新の近況情報 (2017.10.21) 10月21日レース後コメント(11着)
藤岡康騎手「返し馬の雰囲気は悪くなかったし、半信半疑だったゲートも上手に出てくれました。ポディションが固まるまでの1Fは少し噛みましたが、1、2コーナーで引っ掛かった前回よりはだいぶマシ。折り合った状態で4コーナーまで運べました。でも仕掛けてからの反応がイマイチで、4コーナーでも外に流れ気味になっていました。直線では内から寄られて進路を断たれたので、早めに引かざるを得なかったんですが、その時点で余力はほとんど残ってなかったです。トビが大きくてフットワークがきれいな馬なので、きょうの馬場が合わなかったことも敗因の1つだと思いますが、前走で一生懸命走った疲れも残っていたのかもしれません」
高橋忠調教師「すみませんでした。落ち着いた状態でレースに臨めましたが、きょうはオトコ馬相手でメンバーも揃っていたし、前走後の放牧が短期間だったこともあり疲れが完全に抜けきっていなかったようです。今後は立て直しを図るため放牧へ。次は中京か阪神の牝馬限定戦を目標に進めていきます」


立て直しのため、放牧に出るようです。
次走、中京か阪神の牝馬限定を目標とのことですので、
復帰は12月でしょうか。

なかなか噛み合わず、
まだ500万下の身ですが、
目指すは大げさではなく、来年のエリザベスなんです。

なんとか頑張って欲しいです。


【引退】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

10.11

レッドコルディス、成長期に突入?

水曜日は更新がたくさんで楽しいですね!

今週出走のアヴァンセや、相変わらずバリバリ(って書いてあって)坂路を駆け上がっているラウダや、次走が京都の白菊賞(ベストだと思う!)に決まったランディーニや、次走未定ですが、元気いっぱいに調教しているレグナントなど、たくさんありますが、本日はコルディス!

もともとハーツクライらしい緩い馬体と言われ、本格化するのはまだまだ先だと言われていましたが、今日の更新はなにやら頼もしい成長が感じられる内容でした。


最新の近況情報(2017.10.11)

(高橋忠厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 52.3-38.0-25.5-13.1 馬なり
助手「全体時計は予定より早くなってしまいましたが、乗っているとそんなに速くは感じなかったので、表示された時計を見てほかの馬の時計ではないかと目を疑いました。時計ほど無理はしていませんよ。上がってからの息の入りも先週より上向いていたし、しっかり動いたので上がりの体の使い方がとても柔らかくなったように感じました。来週の最終追い切りは藤岡康騎手にお願いするつもりでしたが、時計が出すぎて競馬の分の体力まで使ってしまう可能性もあるので、また僕が騎乗することになりそうです。最近急激にカイバの食いがよくなっているのですが、もしかしたら厩舎内で一番食べているかもしれません。人がいてもいなくても口をつけていて、食べるスピードも速くなっています。少しずつ実になるといいですね」


馬体の細化に悩んでいた馬だったのに、これは嬉しいコメントですね。
相変わらず調教の動きも抜群です。

出てくるのは、来週ですが、目指すは来年のエリザベスのはず!
順調に上がっていってほしいです。

【引退】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOPBack