2017

05.21

残念15着。レッドコルディス。

結構やれるかと思っていたのでショックでした。

ボールペンもストラップも全部売り切れでショックでした。。。

17.05.21

5月21日レース後コメント(15着)
吉田豊騎手「周りの声に反応し、ゲート内で立ち上がったところでスタートが切られたので、大きく出遅れることに。すぐに追い上げて離されずに追走できましたが、後ろから行った馬にはかなり厳しい展開だったこともあり、直線に向いたところですでに余力がなく、最後はフォームもバラバラになっていました。まだ力不足といった印象ですが、返し馬でも立ち上がろうとしていたように精神面も幼いので、これからの馬だと思います。必ず良くなってきますよ」

高橋義忠調教師「自己条件という選択肢があった中でのGI挑戦だっただけに、この結果は申し訳なく思っています。パドックでの様子やリプレイを見ても、他の出走馬と比べるとトモの力が弱いし、全体的に緩く感じました。まだ力がつききっていないということでしょう。今日の収穫は強いメンバーにモマれたこと。コルディスにとってはいい経験になったはずですが、僕らもこの経験を今後に生かしていかないといけません。ジョッキーの話にもあったとおりこれからの馬ですから、秋には挽回してみせたいです。今のところ次の水曜日に宇治田原優駿ステーブルへ放牧に出す予定で、夏をどう過ごすかは回復状況を確認して判断します」


まずはゆっくり休んで!

秋に再度期待します!
スポンサーサイト

【3歳】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

05.20

どこまでやれるか、レッドコルディス。

いやー、まだ明後日のことだというのに、緊張して落ち着きません。

一生に一度の晴れ舞台、オークスに出走できるということは、
やっぱりすごいことだと思うのです。

普段は全く馬券を買わない私ですが、
日曜日には府中に行って観戦、応援馬券を買おうかなと思っています。
あとボールペンも(売り切れてないよね?)。

馬券を買うのは昨年の同じオークス、アヴァンセ以来。

レッドコルディスが預託されている高橋厩舎は、
HPやブログが充実していて、公式HPよりも詳細な情報が手に入ります。
嬉しい限り。


個別の所属馬のページでは・・・
-----------------------------------------------------------------------
今週21日日曜の東京11R優駿牝馬・オークス(芝2400㍍)に吉田豊騎手で出走します。
6分の1の抽選を突破。6枠11番からのスタートに決まりました。
追い切りは17日。CWコースで併せ馬でした。
「輸送も考慮しての調整。先週しっかりと動かしていますし、目いっぱいにはやっていません。うまく調整できたのではないでしょうか。1勝馬ではありますが、この馬にとっては1番いい舞台ではないかと思います。」
心肺機能はかなり優秀。
輸送をクリアして、当日のテンションが上がらなければ遜色のない競馬が出来るのではないでしょうか。
牝馬に強いジョッキーで、枠もいいところ。
抽選突破の強運を生かして、どこまでやれるか楽しみです。
-----------------------------------------------------------------------



抽選突破したときのスタッフブログでは・・・
-----------------------------------------------------------------------
こんばんわ!

皆さん、決まりましたよ! そう、レッドコルディスが、、、

GⅠです!

オークスです!!!

念願叶って6分の1の抽選を突破してくれました(*´▽`*)

スタッフもずっとこの馬を大舞台へ、、と思っていたので本当に嬉しいです。

しっかりとこの後の輸送と競馬に備えて調整していきます。

当日は是非、大声援をよろしくお願いします!
-----------------------------------------------------------------------


こちらまで嬉しくなってしまいますね。

そうそう、口取りが当選しました!
勝つ確率は低いかも知れませんが、夢の続きを見させてもらえてとても嬉しいです。

アヴァンセのオークスも口取り当選していて、願い叶わずだったので、
今回こそ!

現地全力応援してきます!

【3歳】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2017

05.19

レッドコルディス。強い心を持って大舞台へ挑む。

なんとなんとなんとなんとー!

6分の1の厳しい抽選、見事に通過してレッドコルディスがオークスに出走することになりました!

なんというか、netkeibaのコルディスの掲示板とか見ていると、
きっと抽選通るんじゃないかというような不思議な一体感があったりしました。

そして見事に突破!

なんだかもう泣きそうなくらい嬉しいです。

デビュー戦を快勝した時は、
混合の2000m戦でデビュー勝ちしたことで、真っ先にオークスを夢見ました。

その時のブログ。
→ レッドコルディス、デビュー戦勝利!

このブログの最後に、

「来年の東京の大きな舞台に連れて行ってくれることを期待しています!」

と書いたのでした。


しかし、その後はなんと3連続でレース直前に熱発回避。

やっと出走できた条件戦は5着。
そして前走のフローラSも展開、枠など恵まれなかったこともありましたが、5着。

もう、オークス出走は完全にあきらめていました。

放牧かな・・・と思っていたところ、
もう一戦するとのこと。

関西の長めの距離だろうと思っていたら、関東の1800mのカーネーションカップが候補とのこと。

なんで距離短縮で関東?

と思っていたら、なんと高橋義忠先生、オークスに登録。

1勝馬でも出られる可能性があるのを見つけ登録、
そしてオークスに合わせて調教して、除外になったとしても、
同週に同じ東京で行われるカーネーションカップなら、という選択だったのです。

それだけ、高橋先生もコルディスの可能性に期待しているのだなあ、と。

それと、コルディスは高橋先生のところでよかったなとホント思いました。

熱発を繰り返した時も、専用の防寒具とか調達してくれていましたしね。


今週の東サラのコラムもコルディスのオークス出走を祈願している内容でした。
最後の5行です。

------------------------------------------------------------
半世紀以上にも渡って、樫に笑い樫に泣いた牝系が紡いで来た
歴史に思いを馳せ、ここへ来て馬が変わったような充実ぶりを
見るにつけ、この馬はオークスを勝つために生まれてきたのだ
としか思えません。祈ることしかできないのですがどうぞ神様
コルディスに、運命の抽選突破の力と幸運をお与えください。
------------------------------------------------------------


コルディスは見事に突破しましたよ!

最終の調教とコメントはこんなでした。

------------------------------------------------------------
17.05.18

(高橋忠厩舎)
本日はひき運動の調整でした。
※今週21日(日)東京11レース・3歳オープン/オークス(牝)芝2400mに吉田豊騎手で出走します。

助手「きのう追い切ってからもカイバは残さず食べています。けさの馬体重は466キロ。数字以上に体を大きく見せていて雰囲気はとてもいいですよ。今回は坂路とCウッドコースを併用して乗り込んで、申し分ない時計で動いているし、運動量も十分すぎるほど積んできました。ギリギリの仕上げと言っていいかもしれません。東京と京都、GIと500万と走る条件に大きな違いはありますが、どちらのレースになっても最善のレースを選んだと信じてレースに臨みます」
高橋忠調教師「オークスを除外された場合ですが、京都(土)のメルボルントロフィーに出走させることにしました。鞍上は武豊騎手で。距離もコース形態もぴったりと言えますし、輸送のリスクも減らすことができます。それに武豊騎手が乗れるということもこちらのレースを選択した理由の一つです。予定が何度も変更となり申し訳ありませんが、自己条件なら勝つ確率が少しでも高い方をとスタッフらと話し合って決めました。牡馬相手でも見劣りしないと思うので結果を求めていきます」

【追記(オークス出馬確定後の調教師コメント)】
高橋忠調教師「一生に一度のことなので出走することが決まってよかったです。正直なところ秋には京都の大舞台で走れる馬だと思っており、いまのうちに京都をもう一度経験させて賞金を上積みしたいという考えがあったのも事実ですが、府中の2400mはコルディスには適した条件だとみていますし、同じ世代の馬の実力を測るには絶好の舞台ですからね。そこを走ることはいい経験になるでしょう。きのうまでは除外されたらカーネーションCへ向かおうと東京に行く準備をしていたので調整にはまったく影響ありません。やれることはやったので、あとは前回東京に運んだ時の反省点を踏まえつつ、いま考えらえる最善の方法を尽くしてレースを待つだけとなりました。大きなことを言える戦績はありませんが、この時期の牝馬限定戦は気持ち一つ。秋につながる内容をと期待しています」
------------------------------------------------------------


もちろん、こんな過程でオークスを勝った馬はいないでしょうし、
コルディスも実力はあるとは思いますが、もっともっと強いライバルたちとの戦いになります。

どこまで勝負になるかは分かりませんが、
久々に競馬場に行って全力応援したいと思っています!

まずは無事にゲートインできますように!

がんばれ、コルディス!

IMG_8637.jpg




【3歳】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(2) 

    2017

05.12

レッドコルディス猛時計で坂路一番タイム!

レッドコルディス、坂路で猛時計を出してきました。

元々、長距離適性の方が高いということもあり、
ウッドで追っていたコルディスですが、ここにきて瞬発力も強化ということで、坂路追いをするようになってきました。

木曜日に初めて一杯に追われましたが、
ここで50秒台の猛時計。

古馬も含めて唯一の50秒台でした。


17.05.11

(高橋忠厩舎)
本日は坂路にて追い切りました。
 坂路 50.8-37.2-24.7-12.8 一杯
助手「併せる予定だった馬が馬場入りでスムーズさを欠いたので単走に変更して追い切りました。追い切る前はビシッと追えるのはきょうだけなので、しまいたれてもいいからしっかりやろうと考えていました。テンから加減せずいって後半600mを丸々伸ばした形。最後は追うつもりでしたが、ガサガサ、バシバシやらなくても動いていたので促すだけで十分でした。走り終わってからの雰囲気もとても良く、1週前としてやれることはやり切れたと思っています。これだけやったので週末は時計を出す必要はなく、心身のケアをメインとした調整にとどめるつもり。東京までの輸送もあるので、来週の追い切りもCウッドコースで半マイル、単走でと考えています」
高橋忠調教師「しっかり追い切ったことでテンションが高くなってきそうですね。週末から来週にかけての調整メニューはテンションを確認したうえで判断しますが、気が入りすぎないよう坂路入りなどは控え、角馬場で軽めに乗ることも検討しています」


ウッドでの時計もいつも素晴らしいですし、レースでの折り合いや血統、馬体などを見ても、やはり長距離志向のコルディス。
にも関わらず、坂路でこのタイム。

間違いなく能力は素晴らしい馬です。

オークスは6分の1での抽選待ちですが、
府中の2400mは一番力を発揮できる舞台ですので、
何とか出走してもらいたいです。

【3歳】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2017

01.28

朝起きたら出走表に「取消」の文字。悪夢再びレッドコルディス。

まさかまさかの3度めの熱発回避。

今日の出走、武騎手で京都1枠で相手関係からもかなり勝負になりそうで、本当に楽しみにしていたのですが・・・。

今回のショックは半端なく、かなり落ち込んでいます。

原因が発表になる前は、最悪の事態でないようにと思っていので、感冒による熱発ということで少しはホッとしましたが、これはこれでまた心配です。

無事ならオークスには出られるかと思っていたのですが、この「無事に」というのが結構難しいんですよね。競走馬は。


----------------------------------------------------------------------------
17.01.28

(高橋忠厩舎)
感冒のため、本日のレースは取消ました。

高橋忠調教師
「きのう昼の時点で7度6分だった体温は20時半で8度、深夜2時半には9度まで上がってしまいました。熱はその後も下がらず、けさ6時すぎでも8度8分くらいあったので急患で獣医師を呼んで診てもらいました。獣医師は『咳はしておらず肺やノドに気になるところはない。四肢もすっきり見せていてフレグモーネの症状も見られません。一過性の高熱だとしても輸送もあるし、レースへの出走はや取りやめるべき』とのことだったので、予定したレースは残念ですが取消させていただきました。きょうのレースを楽しみにされていた方も多かったと思います。大変申し訳ありません。これまで獣医師や厩舎スタッフとできることは全部やってきたつもりでしたが、今回も防ぎきれませんでした。熱が上がっているので夜に与えた分のカイバは残していましたが、それ以外は風邪の症状も見られず、正直なところ原因がわかっていません。今後どう対処していけばいいのか考えていますが、隠れた病気もあるかもしれないので、まずは診療所でできる検査は全部やってもらいます。あとは時間薬もあるはずなので目標を立てず、時間をかけて薬も抜いて免疫力の回復を待つしかないと思っています。検査結果などはまた改めてご報告させていただきますが、きょうのレースに出走できなかったこと重ねてお詫びいたします」
----------------------------------------------------------------------------
(記事は東京サラブレッドクラブより転載許可をいただいています)


まずは重い症状でなくてなにより。

厩舎もがっかりしていることでしょうし、これからよくなることを期待して応援していきます。




【3歳】レッドコルディス
トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOPBack