FC2ブログ

    2019

05.18

チャームクォーク引退。

5歳牝馬、チャームクォーク号が引退となりました。

年齢を考えても、ここでケガでは致し方なし。

未勝利を勝ち切った時には、
もう少し活躍できるかと思ったのですが、
現実はなかなか厳しかったです。

お疲れさまでした。


19/5/17  引退
「何とかいい結果を出せるように仕上げを施して川崎へ送り出したのですが、いい成績とならず申し訳ありませんでした。レース後の状態を見極めていたところ、背腰を中心に全体的に疲れがあってゴツゴツした歩様になっていました。また、若干ですが右前脚に張りと熱感があったので念のために検査をしたところ、内側の種子骨部に付着している繋側靭帯を損傷していることがわかりました。この箇所の損傷度合いをパーセンテージで表すことは難しいのですが、しばらくの休養が必要ということは間違いありません。強い気持ちを出して勝ち取ってくれた未勝利戦が印象的でしたし、クラスが上がっても頑張ってくれるはずと思っていましたが、中央場所ではなかなか思うような結果を出せませんでした。その後は地方の舞台に活躍の場を求めたのですが、毎回惜しいところまで行くのですがもうひと押しが足りず、掲示板にこそ載るものの差を詰めるまでには至りませんでした。今回も悔しさが残りましたし、リベンジしたいという気持ちを持っていましたが、靭帯の損傷とあってリスクは大きいです。脚部不安が発覚する前段階で芝などに大きく条件を変えることもクラブと相談していましたが、この状況では厳しいと言わざるを得ませんし、長期の休養を経て復帰させたとしても不安はあります。ここまでチャンスをいただいていたのにもかかわらず期待に応えることができず本当に申し訳ございません」(大和田師)今回得られたチャンスを何とかものにしたいという思いがあったのですが、残念ながら大きな進展は見られませんでした。見直すことができる部分があったとは言え、地方交流戦に4戦続けてチャレンジしたにもかかわらず、ほぼ同じ着差となっているのも事実で、どうしたものか悩み、なんとかもう一回と言う気持ちも持っていたのですが、反動が出てしまい右前繋側靭帯部を損傷していることが判明してしまいました。時間をかければ復帰は可能ではあるものの再発の可能性は十分ありますし、来年春で引退を迎える年齢であることを考え、大和田成調教師と協議を行った結果、ここで現役続行を断念し、競走馬登録を抹消することになりました。会員の皆様にはまことに残念なことと存じますが、何卒ご理解賜りたくお願い申し上げます。なお、本馬に出資されている会員の方へは追って書面を持ちましてご案内いたします。



繁殖に上がれるといいな。

スポンサーサイト

【引退】チャームクォーク
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2019

05.04

出資馬初の重賞制覇!レッドジェニアル頑張りました!

京都新聞杯を見事に差し切り、重賞制覇!

レッドジェニアルが、11番人気の低評価を覆して、
見事勝ちました!

そして、6年目に突入している私の一口馬主生活において、
初の重賞制覇となりました。

ありがとうー!!!
レッドジェニアル、酒井騎手、高橋調教師、スタッフ・関係者の皆様ー!

レッドジェニアルは父がキングカメハメハ、
母がレッドアゲート(レッドだけれど、東サラの馬ではない)で、母はGⅡフローラSの勝ち馬。
日経新春杯の2着もあります。

母が活躍馬でキンカメで、牡馬にも関わらず、
募集額がなぜか2200万円と超リーズナブル!

皮膚が変な感じだったこともあり、
欠陥馬だから安いんだ、との評判もありました。

私は、レッドコルディスでお世話になり、
そんなに悪くない印象の高橋厩舎だったことや、手ごろな価格で牡馬が欲しかったで、
予算の範囲内で出資できるジェニアルにいったのでした。

それが見事なこの勝利。
順調ならダービーに連れて行ってもらえます。

本当にうれしい。
これがあるから、毎回負けても、一口馬主はやめられないのです。


最新の近況情報 (2019.05.04) 酒井騎手「前回うまく乗れなかった反省を生かしていい競馬ができました。ポジションを取りにいくと噛んでしまうので、スタートを決めてスッといけたことが大きかったです。中間は厩舎スタッフがテンションが高まらないように最高の状態に仕上げてくれましたし、馬もそれによく応えてくれました。このあとはダービーに向かうと思いますが、さらに強い馬たちと競馬をするのが楽しみです」

高橋忠調教師「前回イレ込んで力を出しきれずに終わったことを生かし、厩舎装鞍にするなど2重、3重と慎重に対応したことがいい方にでました。レースに向かうまで凄くいいリズムでしたからね。レース前、酒井騎手にはせこく回ってきてほしいと伝えましたが、外枠でもそのとおりロスなく競馬をしてくれました。このあとはダービーへ。限られた時間の中でも、疲れを取りながら精神的な部分のケアをするなどしっかり準備して臨みたいと思います」



ダービーは本当に無理せずに回ってきてくれれば。
この馬の最大の舞台は得意の京都の菊花賞です。

もちろん応援にはいきます!

がんばれ~!




【3歳】レッドジェニアル
トラックバック(-)  コメント(8) 

    2019

05.03

5月3日更新。イマジナリーライン。

GW中でしたが、通常通りに、しかも午前中に近況更新がありました!

POG関連の本でも、社台ファームでの期待馬の中に名前があり。
今回の更新のコメントでも、「素質を感じている1頭です」とうれしい言葉あり。

順調に行ってほしいですね。

そうそう、6月の牧場ツアーに行くことになりましたので、
もしかしたら、そこで会えるかも??

楽しみにしています。


2019年05月03日 社台F
首の使い方が柔軟で、背中をしっかりと収縮して走る馬です。その分、筋肉疲労が出やすく、背中と腰の筋肉がやや硬くなることがあります。この中間も少し歩様に硬さが出たため、2週間ほど運動のみに控えました。うまくガス抜きができて先週から騎乗調教を再開、少しずつペースアップしているところです。現在は週3日は直線坂路コース(1000m)に入って、週2日は周回コースで2000mの距離を乗るメニュー、週1日はトレッドミル主体の調整を行っており、息の戻りは以前よりも早くなっています。
走っているときの格好がよく、素質を感じている1頭です。今後もじっくりと乗り込んで下地を作り、素質開花につなげていきたいと考えています。最新の馬体重は500kgで、4月上旬に計測した測尺は、体高161.5cm、胸囲184cm、管囲19.5cmでした。


horsePhoto0412.jpg

4月12日時点の写真です。
たくましくなってきたような気がします。

まずは無事に競走馬になれるように。

頑張れ~。



【2歳】イマジナリーライン
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2019

05.03

烏丸Sを見事快勝!レノヴァ―ル。

ちょっと更新が遅くなってしまいましたが、
レノヴァ―ル号が月曜日の1600万下特別、烏丸Sを見事に勝ち切りました!

川田騎手予定から、シュタルケ騎手になりましたが、
完璧な騎乗。

いままでレノヴァ―ルは差して届かずのレースが多かったのですが、
勝っているときは、先行して直線で一頭を差し切るという形。

今回も完全にそのパターンでした。

さあ、これで晴れてオープン馬。
次はオープン特別か、はたまた重賞か!

4歳春でのオープン入りに、
これからの期待が高まります。


19/5/1  高野厩舎
1日は軽めの調整を行いました。「先週はありがとうございました。シュタルケ騎手は直前の追い切りで跨って感触を掴んでもらっていたのですが、いざレースに行ってもこちらの指示どおり、馬のリズムを重視して気分良く運んでくれました。最後もまだ余力がありそうでしたし、上のクラスでも引き続き楽しみにしています。レース後は目立った疲れなどは見せていませんが、中山への輸送競馬から続けて使った後ですし、無理せずにいったん放牧に出すことも考えているところです」(高野師)

19/4/29  高野厩舎
29日の京都競馬ではポンとスタートを切り、出たなりで好位につけスムーズに追走。直線は早めに抜けだしそのまま後続を完封し優勝。「スタートが良く、いいポジションでレースを運べました。前に壁がなく少し行きたがっていましたが、とにかくリズム良く走らせることを心がけて、なんとか収まってくれました。ストライドが大きいので、スムーズに運べたことが良かったですね。距離はもっとあっても良さそうですよ」(シュタルケ騎手)「ジョッキーには、リズム重視で進めて欲しいと伝えてありました。大外枠からの競馬で難しかったと思うのですが、前に壁がない状態でもなんとか我慢してうまく運んでくれたと思います。直線は早めに1頭になってフワフワするところはあったようですが、それでも押し切って強い競馬でしたし、これからも楽しみです」(高野師)大外枠からの競馬でレース運びは難しかったと思いますが、ジョッキーがスムーズにリズム良く走らせてくれました。ノーブレーキで最後までしっかり脚を使って強い勝ち方だったと思います。まだ成長の余地を残す4歳馬で、これからが楽しみです。この後は馬体を確認してから検討します。


放牧か続戦か、まだはっきりしていないですね。
どちらにしてもがんばれ~!


【4歳】レノヴァ―ル
トラックバック(-)  コメント(0) 

    2019

04.28

西の鷹ケ峰特別に出走!レッドレグナント。

なぜ西なのか!


・・・というのは、出資者皆思っていますが、
まあ、帯同馬なのかあ、と正直な感想。


とはいえ、前走は長めの休みのあとの馬体重大幅増で、
見どころのある競馬でした。

今回、良い勝負してくれそうな気もします。

19.04.25 : 美浦:大竹正博厩舎

厩舎周りを曳き運動。
助手「追い切った翌日なので厩舎周りを曳き運動で調整しています。昨日の追い切りでは馬場入りを嫌がる面を見せていましたが、追い切り後は比較的落ち着いていますし、歩様などもしっかりしています。飼葉の食いも良く馬体重は480kg。週末はゴールデンウイークの影響で、高速道路も混雑すると予想されるので、明朝、京都競馬場に向けて出発する予定になっています」
19.04.24 : 美浦:大竹正博厩舎

ウッドコースで追い切り
ウッド 53.4-38.3-12.4 馬なり

助手「今日は馬場入りを嫌がる面があり、下ろすのに時間が掛かってしまいました。走り出してからはスムーズでしたし、ウッドコースを2周と長めに乗りましたが、我慢も利いてリズム良く動けていたと思います。仕掛け処の反応もスムーズでしたし、ハミの取り方も良く、直線でもフットワークはしっかりしていました。息遣いも一追い毎に良化している感じがしますし、レースに使える状態に仕上がったと思います」
大竹調教師「今日は頑固な面を見せていましたね。馬場入りを10分くらい渋る面が見られました。それでもウッドに入ってからは動きも良かったですし、息遣いも問題なかったです。状態は良いと思うので、予定通り今週の京都を和田騎手で使います。気持ちの面で安定しない部分は残りますが、レースに行けばそんな面も見せないですし、何とか結果を出したいですね」


和田騎手、頼みますー!


【4歳】レッドレグナント
トラックバック(-)  コメント(0) 

 |TOPBack